音を揺らせ!ギターのアームの使い方と調整法を紹介

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 
いきなりだけど

ギターの「アーム」って分かる?

 

こんな感じのやつね!

arm

一部のエレキギターに搭載されてる装置。

 

これは、簡単に言うと音を揺らす装置なんだけど

普通にギターを弾くと

「ジャーン!」

なのが

アームを使って弾くと

「ジャ~ン!」

ってなる。(音が揺れる感じを表現したかった。笑)

 

とにかく

すごく独創的で、魅力的な装置なのよ!

 

今日は

ギターのアームについて、話していこうかな!

[ad#ad1]

アームについて

さっきも言ったけど、アームって言うのは音を揺らす装置なのね。

アームを使う事を「アーミング」っていうんだ。

ギターを弾いた時に、アーミングする事で音が揺れる。

 

アームってさ

元々はハワイアンとかを弾く時に、音を揺らすために作られたものらしいんだよね。

なんとなくアームを使った音のイメージが湧くかな?「ゆら~ん」とした音ね。

誰もが知ってるであろう代表的なアーティストで言うと、ベンチャーズとかもアーム搭載してるギターを使ってた。

 

 

アームを搭載してるギターと言えば、Fender(フェンダー)社のStrartocaster(ストラトキャスター)ってギターが有名。

ストラトキャスターには

Fender社独自の「シンクロナイズドトレモロ」って呼ばれるアームシステムが載ってる。

このアームシステム、機能性はもちろんだけど

もうデザインが完璧。

ストラトキャスターって本当カッコ良いよねぇ。

 

あ、もちろん僕もストラトキャスター持ってます!

my strato

これ僕のストラト!カッコ良いでしょ?(自慢したいだけ。笑)
[ad#ad1]

アームの使い方

よし!

早速、アームの使い方について解説していこうか!

 

アームを使う時は、まずギターを弾く。(そりゃそうだ。笑)

ピッキング(弦を弾く事)したら、アームを持って前後に動かす。

 

そう、アーミングするんだ!(アーミング言いたいだけ。笑)

 

あ、そうそう

アームの使い方にも名前がついてて

 

・アームダウン

・アームアップ

 

ってのがあるんだ。

 

それぞれ詳しく解説していくよ!

アームダウン

アームダウンは

その名の通り、アームを倒す(ダウン)事。

arm down

こんな感じで、ギターのヘッド(頭)側に「ぐわーん」と倒す。

アームダウンをすると、ギターの音程は下がる。

アームから手を離すと、元の位置に戻るよ。

アームアップ

アームアップは

これもその名の通り、アームを引き上げる(アップ)事。

arm up

こんな感じで、さっきとは逆側に「ウィーン」と引き上げる。

アームアップすると、ギターの音程は上がる。

アームアップも、アームから手を離すと、元の位置に戻る。

[ad#ad1]

アームの調整

アームは弦の張力と、アームを支えているバネの張力で弦を支えてるのね。

簡単なイメージで説明すると

弦の張力とアームのバネの張力が綱引きしてるようなイメージ。

 

アームを上げ下げできる幅(音域)っていうのは元々決まってて

弦の張力の方がバネの張力より強ければ、アームは前に引っ張られるし

バネの張力の方が弦の張力より強ければ、アームは後ろに引っ張られていくんだ。

 

つまり

弦の張力とバネの張力で、アームの使える音域を調整するんだよね。

だから

アームアップ、アームダウンでどのくらいの音を上げ下げしたいかによって、セッティングは変わってくるわけ。

 

ストラトキャスターで説明すると

ギターの裏側にこういうバネが張ってある。

armbane

このバネを支えてるネジを締めれば、バネの張力が増すんだよね。

だから

たくさんアームダウンしたかったら、バネの張力を落とす。

たくさんアームアップしたかったら、バネの張力を上げる。

そうやってバランスを取るんだ。

 

あとね

アームを使うとチューニングが狂う。

 

さっきの綱引きの例え話で言うと

自分の手っていうのは、どっちかに加勢する綱を引く人みたいな存在なわけ。

だから、自分の手が片側に加勢(アームアップ、もしくはアームダウン)した後

しっかり綱(ギターの弦)が元の位置に戻ってくるには

元々の張力のバランスが、かなり高いレベルでうまく取れてないといけない。

この張力のバランス、これがすごく難しいんだよ。

 

スプリングの本数(通常、ストラトキャスターは5本までスプリングをかけられる。)や、バネの締め付け具合を変えてみたり

スプリングの素材自体を変えてみたり、僕も散々いろいろやったなぁ。

当時はほんとにそればっかに集中してて、ギターの練習なんてほとんどしてなかった。笑

 

「じゃ、どういう調整をすればいいの?早く答え教えてよ!」

って話になると思うんだけど

 

答えとしては

自分が納得するまで、ひたすらにネジの調整を繰り返すしかない。

やばい、これは答えになってなくて、怒られそう。笑

でも、本当にそうなんだよ。

ギターの個体差によっても変わってくるし、自分がどういうセッティングにしたいかによっても違うしね。

がんばって自分好みのアームの調整ができると、それはそれは気持ちが良いから、がんばってみて!

[ad#ad1]

アームのないギターでアーミングをする

アームのないギターで、アーミング風の事をするには

「ネックベント」って技がある。

ギターを弾いたら、ネック(ギターの首の部分)を曲げるようなイメージで力を入れる。

ネックでアーミングするようなイメージだね。

 

そうすると、少し音が揺れるんだよ。

そう、軽くアーミングした時みたいな感じに。

ギターっていうのは、基本的に木材でできてるから、人間の力で曲がるんだよね。

 

でもこの方法、あんまりギターに優しくないから、おすすめはしない。

おすすめはしないけど、僕は好きだけどね。ネックベント。笑

[ad#ad1]

アームを使った演奏

はい!

ここでは実際にアームを使った演奏を紹介していこう!

Char

日本を代表するトップギタリスト。

(0:04~)

僕がアームの世界に魅了されたのは、Charさんの音楽を聞いたのがきっかけ。

この「Smoky」っていうこの曲は、本当にアームの魅力を教えてくれたんだ。

いつ聞いてもカッコ良いなぁ。

そして遊び心がある。

そういう所が大好きなんだよなぁ。

Jimi Hendrix

ジミ・ヘンドリクス。通称、ジミヘン。

(1:50~)

「アームの可能性を世に広めた人」と言っても過言ではない。

こんな使い方、アームを開発した人は想定してないだろう。笑

ジミヘンが「伝説のギタリスト」と言われる理由はアーム以外にもたくさんあるけど

アームをこんな風に使い出したっていう事も、この人を「伝説」にしてる1つの要素だと思う。

The Ventures

この記事の中でも触れた、ベンチャーズ。

(2:02~)

「ゆら~ん」と気持ちが良い音してるよね。ハワイアンって感じ!

さっき紹介したジミヘンが登場するまで、アームっていうのはこういう使い方をするもんだったんだよ。笑

[ad#ad1]

まとめ

アームについての今回の話、どうだったかな?

簡単にまとめると

 

・アームは音を揺らすための装置。

・アームを使う事を「アーミング」と言う。

・アームを倒す事をアームダウン、アームを引き上げる事をアームアップと言う。

・アームは、弦の張力とバネの張力の綱引きで成り立っている。

・アームの調整は、何度も繰り返して、自分の好みに調整する。

・擬似的にアーミングの効果を得るための「ネックベント」という奏法がある。

 

って事だったよね!

 

どう?アームの魅力、分かってきたでしょ?

楽しいんだよなー。ほんと。

調整は本当に大変だけど。笑

 

この記事を読んでくれたあなたも

ぜひぜひ、アームの世界に飛び込んでみてほしい!

 

 

よし

今日はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント