あなたにも簡単に弾ける!Fコードの押さえ方のコツと攻略法

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 

ギターって左手でコード(和音)を押さえて、右手で弾く楽器じゃない?

 

ギターを弾く時、右手は右手で相当重要なんだけど

まず左手がコードを押さえられてないと、どうにもならないわけで。

その中でも初心者に難しいとされてるのが「Fコード」なんだよね。

 

うん。

そうなんだよ。

難しいのよ、Fコード。

僕も最初はかなり苦戦しました。笑

 

でもね

そんなFコードの押さえ方にも攻略法があるんだよ。

 

今日は

どうしてもFコードを押さえられないって人のために、Fコードの攻略法を書いていこう!

[ad#ad1]

Fコードって?

まず

Fコードってなんなのか?

って話からはじめよっか!

 

Fコードがどういう音で作られてるか

ちょっと難しい言い方をすると

Fコードの構成音はファ・ラ・ドなんだ。

 

まぁ、簡単に言ってしまえば

ファ・ラ・ドっていう3つの音でできてる和音だよって事ね。(最初からそう言え。笑)

 

Fコードは、人差し指で6本全部の弦を押さえる、バレーコードなんだ。

全部の弦を人差し指で押さえる事を、セーハーするともいう。

 

バレーコードを画像で説明すると

Fcode

こんな感じ!

人差し指で全部1弦から6弦まで、全部の弦を押さえてる(セーハーしてる)でしょ?

これがバレーコード。

Fコード以外にも、Bコードとか、B♭コードとか、色々種類があるよ。

[ad#ad1]

Fコードを押さえるコツ

どんな物事にもうまくやるためのコツみたいなものってあるじゃない?

 

例えば

ぺペロンチーノをおいしく作るには

弱火でじっくり、オイルに唐辛子とにんにくのうまみと香りを移していくとかさ。(ぺペロンチーノ、好きなんだ。笑)

 

それと同じで

Fコードにも、押さえるコツみたいなものがいくつかあるんだ!

 

ここでは、Fコードを押さえるコツを紹介していくね!

指のストレッチ

Fコードをはじめとする、バレーコードが押さえられない理由って

「指の関節が硬いから」って事が結構ある。

指の関節が硬いから、うまく指が曲がってくれないんだよね。

 

そういう僕自身も、かなり指の関節が硬くてですね。笑

よくこうやって、ストレッチしてる。

storechi

上の写真みたいに、人差し指と中指の間に右手を入れて広げる。

指のストレッチをすると、関節の硬さもかなり改善されるよ。

繰り返し押さえ続ける

ギターって鉄の弦が張られてるからさ

やわらかい指で押さえると、痛いし、うまく押さえられなかったりするんだよね。

Fコードみたいなバレーコードでも同じで、人差し指の側面が硬くないと、なかなか押さえるのがむずかしい。

ならどうしたらいいか?

 

もうこれはね、繰り返し押さえ続けるしかないんだよ。笑

そうやって、何度も何度も繰り返して押さえてると、人指し指の皮が硬くなってくる。

そしたらちゃんと押さえられるようになるよ!

親指を使って押さえる

「ストレッチもしたし、何度も押さえたけど、やっぱりうまく弾けないよ!」

ってあなた。

大丈夫、まだあります。

Fコードを攻略するための裏技が。笑

 

それは

親指を使って6弦を押さえる

って方法。

oyayubi

 

ギターの弦の中で1番太い6弦は、押さえるのに1番力がいる。

だったら、その弦は人差し指じゃなくて、こんな感じで、親指で押さえちゃおう。

手がかなり小さい(女の子より小さい事もよくある。笑)僕でもできるから、きっとできるはず!

[ad#ad1]

それでも押さえられなかったら

ストレッチしてもだめ、何度繰り返してもだめ、親指でも押さえられない。

そっかそっか。

 

なら

もうFコードは押さえなきゃいいじゃん!

 

 

・・・あぁ

こんな事を書いたら怒られそう。笑

 

 

でもちょっと待って!怒らないで!

押さえなきゃいいじゃん!とか書いたけど

 

正確には

音はFコードに似てるけど、もっと簡単に押さえられる違うコードを押さえたら?

って事なんだよ。

 

これなら怒られないだろう。笑

 

 

じゃ早速、そのコードを押さえてみよう!

 

こう!

FM7

これはFM7(エフメジャーセブン)ってコード。

これだったら、押さえる弦が4つだけで済むし、指もセーハーしなくていい。

ぐっと難易度が下がるよ!

 

しかも、このコード

弾いた時の音の響きも、普通のFコードよりもなんかオシャレな感じがしない?

僕はこのFM7っていうコードの響きが大好きで、普通のFコードはほとんど押さえない。笑

 

めちゃめちゃおすすめなコードなんだ!

試しに弾いてみてね!

[ad#ad1]

まとめ

ギターを弾きはじめた人のほとんどが最初に苦戦するであろう、Fコードの壁。

ほんとに押さえるのが難しいと思う。

そんなFコードをうまく押さえるための今回の話、どうだったかな?

 

簡単にまとめると

 

・Fコードはファ・ラ・ドの3つの音でできているコード。

・Fコードは、人差し指で6本全部の弦を押さえる、バレーコード。

・Fコードをうまく押さえるコツは、指の関節のストレッチ、繰り返し押さえ続けて指の皮を硬くすること、6弦を親指で押さえる。

・なにをやってもFコードを押さえられないなら、代わりにFM7コードを押さえよう!

 

って事だったよね。

 

これを読んでくれたあなたには、Fコードを押さえられるようになってほしいけど

 

FM7、ほんとにおすすめなんだよ!

実際、僕の曲の中でもかなり多用してるからね。

 

なんか

FM7をおすすめする記事みたいになってきたな。笑

 

 

とりあえず今回はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント