手首を使え!ギターのコードストローク上達のコツ!

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 
「弾き語りをするとき、ギターの伴奏がうまく弾けない。」

ギターの弾き語りをはじめて、僕が最初に悩んでいた事がこれなんだよね。

歌うだけでも大変なのに、ギターの伴奏がちゃんと弾けないから、歌にも集中できなくて。

 

それはもう酷いもんだったよ。笑

 

ギターの伴奏って

基本的には、コード(和音)をストローク(腕を上下に振って、ギターを弾く奏法)で弾く事が多い。

ギターって「ジャカジャカ」って弾くイメージあるでしょ?

あれがコードストロークね。

 

コードストロークって、簡単そうに見えるんだけど

ちゃんと弾くのは結構難しいんだよ。笑

 

しっかりとリズムを作って、強弱メリハリつけて弾くのは本当に難しい。

コードストロークってすごく奥が深い世界なんだよ。

 

今日は

コードストロークがうまく弾けない!って人のために

コードストロークが上達する為のコツについて話していこうかな!

[ad#ad1]

コードストロークはリズムが大切

さぁ、早速コードストロークのコツについて話していこうかな!

 

っとその前

ギターはメロディーを弾いたり、コードで伴奏を弾く事もできる、リズム楽器。

って事をしっかりと分かっておいてほしい!

 

なんでかって

コードストロークはリズムが命だから。

 

ギターの伴奏って、なんとなくで弾いてしまいがちだけど

・音を伸ばす所は、しっかりと伸ばして弾く。

・音を短く切る所は、歯切れ良く弾く。

・ずっと一定の強さじゃなく、強弱をつけて弾く。

これを意識してるだけで、だいぶコードストロークが上手くなる。

ほんとだよ。笑

 

本当にギターが上手い人っていうのは

コードストロークだけでも、すごくかっこ良い演奏をする。

そういう人は、強弱のふり幅が大きく取れてるし、リズムがしっかり弾けてるんだよ。

 

だから、もう1度言うけど

「コードストロークはリズムが命なんだ。」

って事を理解しておいてほしい!

[ad#ad1]

コードストロークのコツ

さぁ

じゃ、今度こそコードストロークのコツについて話すよ!笑

 

コードストロークのコツ、それは

・手首の脱力

・腕を振り抜く速さ

この2つが1番大事だと僕は思ってる。

つまり、右手が大事ってことね。

 

1つずつ説明していこう!

手首の脱力

まず手首の脱力についてだけど

手首に変な力が入ってると、滑らかにコードストロークできない。

滑らかに弾けないと、リズムも崩れてくるからね。

だから、完全に脱力してていい。

 

よくコードストロークのコツで言われるのは

「手を洗って、水を振り払う時の感じ。」

なんて言われるんだけどさ。

 

実際にやってみたら分かるけど

手首にまったく力が入ってなくて、ブラブラの状態になるよね?

そのくらい脱力してて良いんだ。

手首に変な力が入ってないと、リズムを出しやすくなるよ!

腕を振り抜く速さ

これは僕のギターの師匠に教えてもらったコツなんだけど

僕がライブ活動を始めたばっかりの頃に、師匠がアドバイスをくれたんだ。

「コードを大きい音で弾きたい時、ギターを強く弾いちゃダメだよ。

腕を振り抜く速さで音を大きくするんだ。」

って。

 

最初はその意味がよく分からなくて

分かってからも中々できなくて

ちゃんとできるようになったのは、アドバイスしてもらってから10年くらい経ってからだなぁ。笑

 

腕を振り抜く速さで、なんで音が大きくなるかって言うと

簡単な話で例えると、ゴルフボールをクラブで打つ時をイメージしてもらうと良いかも。(ゴルフやった事ないけど。笑)

クラブを早く振り抜けば、ボールは速く、遠くへ飛んでいくでしょ?

コードストロークもそれと同じなんだよ。

大きな音を出したかったら速く、小さな音を出したかったら遅めに腕を振る。

腕を振る速さで、コードストロークの強弱をコントロールするんだ。

なんとなくイメージ伝わったかな?

 

あとさ、ギターってさ

弦を振動させて、ボディ(ギターの胴体)を響かせて音を出す楽器だから

弾いた時に、弦の振動を妨げないって事が大事なのね。

 

って事は

ピックが弦に触れてる時間が短い方が良いわけじゃない?

だから、腕を早く振り抜くんだよ。

そうすれば弦の振動を妨げないからね。

[ad#ad1]

まとめ

今回はコードストローク上達のためのコツって話だったけど

どうだったかな?

 

簡単に話をまとめると

 

・コードストロークはリズムが命。

・音を伸ばす所は、しっかりと伸ばして弾く。

・音を短く切る所は、歯切れ良く弾く。

・ずっと一定の強さじゃなく、強弱をつけて弾く。

・手首は脱力する事。

・腕を振り抜く速さで、強弱を付ける。

 

って事だったよね!

 

とにかくポイントは、強弱と脱力!あとはあせらないで弾くって事も大事だよ。

 

でもさ

何年ギターを弾いてても、コードストロークは本当に難しいって感じるんだよ。

今でも、やればやるだけ発見があるもんなぁ。

本当に奥が深い。

 

まぁとにかく!

この記事を読んでくれたあなたの

コードストローク上達のきっかけに少しでもなれたらうれしいよ!

 

 

それじゃ今日はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

 

 

 

 

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント