現役シンガーソングライターがおすすめする!ギターの弦の選び方

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 

ギターの弦を交換する時、どれにしたらいいのか悩んだ事ない?

ギター弦と一口に言っても

メーカー、ゲージ(弦の太さ)、材質の種類、値段。

選択肢が無数にあるからね。

 

僕もギターを始めたばかりの頃、どの弦にしたらいいか分からなくて色々と試してました。

それはもうたくさん失敗してきたよ。笑

 

高い弦買ってきたのに、巻き方を間違えて弦が切れちゃったり。

自分が使ってるゲージとは違う太さの弦を買ってきちゃったりさ。

悔しかったなぁ。

たかが弦とは言え、何度も失敗すると結構な出費になるんだよね。

 

この記事を読んでくれているあなたにはそんな失敗はしてほしくない!

という事で

今日は、ギターの弦の選び方について話をしてみようと思います。

[ad#ad1]

ギター弦の種類

ギターの弦の種類は大きく分けて

・ニッケル弦

・ステンレス弦

・ブロンズ弦

・フォスファーブロンズ弦

・コーティング弦

・ナイロン弦

・コンパウンド弦

の7種類ある。

それぞれの弦の特徴を簡単に紹介するね。

 

・ニッケル弦

エレキ(エレキギター)に張る、最も一般的な弦がニッケル弦。やわらかい金属で出来てる。

エレキギターってのは磁性体(磁性を帯びる事が可能な物質)である弦が振動する事で磁界が変化して、その影響で発生した電流を音に変換するって仕組みらしいのね。

ニッケルは強い磁性体の金属だから、エレキギターのピックアップ(弦振動を拾って、音に変換するマイク)との相性が良いんだって。

 

・ステンレス弦

これもエレキ用。固い金属で出来た弦。

触った感じも「ピーン」と張ってる感じ。

ニッケル弦に比べて、硬い音が特徴。

 

・ブロンズ弦

アコギ(アコースティックギター)用で最もスタンダードな弦。

銅80%、錫20%の割合いで混ぜた金属で作られてる。…らしい。

落ち着いた音がする。

 

・フォスファーブロンズ弦

これもアコギ用の弦。

銅98パーセント、リン2パーセントの合金で作られてる。…らしいよ。細かい事はよく知らない。笑

ブロンズ弦と比べると、「シャリン」とした煌びやかな音がするんだよね。

 

・コーティング弦

通常の弦の上から、薄い膜を纏わせた弦。これはエレキ用もアコギ用もある。

1番の特徴は他の弦と比べて、錆びにくい、劣化しずらい、そしてなにより…価格が高い!という事。笑

普通の弦の3倍くらいはするからなぁ。

でも、他の弦よりも全然長持ちするし、音も劣化しずらい。これが素晴らしいんだわ。

ちなみに僕が持ってるギターはすべてコーティング弦を張ってます。

 

・ナイロン弦

クラシックギターやフラメンコギターに使われる弦。

その名の通り、ナイロンで出来ている弦だね。

手触り、音色共にやわらかーい。音は「ボロロン」って感じ。(伝わるかな。笑)

 

・コンパウンド弦

最後に紹介するのは、シルクを使って作られたアコギ用の弦。

この弦は特殊と言うか、結構めずらしいと思う。

やわらかい素材で出来てるから、弦を押さえる力が少なくてすむ。

独特のやわらかい音が特徴。

[ad#ad1]

弦の太さ

ギターの弦のゲージ(太さ)も色んな種類がある。

細いゲージから順に

エクストラライトゲージ/スーパーライトゲージ/ライトゲージ/ミディアムゲージ/ヘビーゲージ

って感じで、右にいけばいく程、太くなっていくのね。

って名前見たらなんとなく分かるか。笑

 

弦の太さを変えると、それに合わせてギターの調整もしないといけない。

例えばスーパーライトゲージからヘビーゲージみたいに、ギターの弦の太さを大幅に変える場合、必ず楽器屋さんに持っていって見てもらった方が良い。

ギターは弦の張力に引っ張られる力に対して、それに負けないよう、ギター側で調整をして、バランスをとってる。

弦の太さを変えれば張力も変わる。当然、それに合わせて調整をしないとバランスが取れなくなる。

このバランスが取れなくなると、弦の高さが変わって弾きづらくなったり、ギターを弾いた時にビリビリとした異音が混じる様になったりするんだ。

 

当然、弦の太さによって、弾き心地や音も変わってくる。

簡単に説明すると

 

・太い弦を張るとテンション(張力)が上がって、弦を押さえる時に力がいる。

・細い弦はテンションが下がって、弦を押さえる力が弱くてすむ。

・弦が太くなればなるほど、低音が出た重い音になる。

・弦が細いと、音の線も細くく、繊細な音になる。

 

太い弦、細い弦、絶対的にどっちが良いってのはない。

これは完全に個人の好みだからね。正解はないと思ってます。

 

ちなみに僕は「カスタムライトゲージ」っていう、エクストラライトゲージとライトゲージの間の太さのやつを使ってます。

音も弾き心地もちょうど良くて好きなんだよね。

[ad#ad1]

ギター弦の寿命

ギターの弦は消耗品。

ずっと張りっぱなしにしてると、弦が錆びてきたり、音が濁ってきたりする。

こういう状態を「弦が死んだ」なんて表現をしたりする。

 

交換時期は、使用頻度にもよるけど、通常は2週間~1ヶ月くらいで交換するもんかなぁ。

弾いた後はちゃんとクロス(ギターを拭く布)で弦を拭いてあげる事も大事。汗や手の油で弦が劣化するからね。

 

それがめんどくさいって人はコーティング弦にする事をおすすめする。

うん。なにを隠そう、自分がそういう人だから。笑

平気で2ヶ月くらいは張りっぱなしにしてる。

ツアー中でライブが連続で続く時とか、音が劣化してきて、弦が死んだと思ったら張り替えてるよ。

[ad#ad1]

まとめ

ギターの弦についてまとめると

 

・ギター弦は大きく分けてニッケル弦、ステンレス弦、ブロンズ弦、フォスファーブロンズ弦、コーティング弦、ナイロン弦、コンパウンド弦の7種類がある。

・弦のゲージによって、弾き心地、音が違う。

・弦は消耗品。寿命は2週間~1ヶ月。

・とにかくコーティング弦はおすすめ。笑

 

使う弦によって、弾き心地、音、交換時期とかまったく違う。

ギターにとっての弦っていうのは、車とか自転車で言うところのタイヤだと思うんだよね。

同じ車や自転車でも、タイヤを替えたら全然違うでしょ?それと同じ!

 

だから、自分に合った弦を選ぶ事は、とっても大事だと思う。

この記事が、あなたが「自分にはこれだ!」って弦を見つけられるきっかけになるといいなーって思ってます!

 

それじゃ

今日はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント