超分かりやすい!ギターの各部名称、パーツを解説

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 
「最近、ギターのブリッジがおかしくてさ、あとフレットも減ってきたから打ち変えたくて。」

 

え?なんの話?

って思わなかった?

 

この記事を読んでくれてるあなたなら、そう思ってくれたはずだ!笑

 

さっきの話は、ギターのパーツの話なんだ。

ギターのパーツの各部の名称って、意外と多いんだよね。

僕も最初はまったく分からなかった。

 

僕は自分でギターを改造したり、調整したかったから、本を読んだりして勉強したんだけど

けっこう分かりずらかったりするんだよ。説明が。初心者にやさしくない。笑

 

そこで今日は

初心者でも分かるように、超分かりやすく、ギターの各部名称を解説してみようと思います!

[ad#ad1]

ギターの部位

まず、基本的な話からはじめると

ギターは大きく分けて3つの部位と、さらに細かいパーツで出来てるのね。

 

最初に解説するのは大きく分けた3つの部位から!

こんな風に

 

・ボディ

・ネック

・ヘッド

 

って部位がある。

 

1つずつ説明してくね!

ボディ

ギターの胴体の事。

まさにギターの顔と言っても良い部位だよね。

ギターの中で1番面積を取ってる部位でもある。

ギターメーカー各社、ボディの形でメーカー独自の個性を出してきたりしてる。

ボディの材質や形が違うと、音が変わるなんて言われてる重要な部位。

実際、材質で音が変わるんだろうけど、僕はあんまり気にした事がない。笑

ネック

ギターの首の部位って言ったらいいかな。

ギターを弾く時に、左手(右利きの場合)で握る部位。

ほぼずっと握ってる部分だから、握り心地が重要。

メーカーやモデルによって、太さや形が違う。

ボディと一緒で、材質が違うと、音が変わるって言われてる。

ちなみに僕は、これもあんまり気にした事がない。笑

ヘッド

ギターの頭の部位。

ボディがギターの顔だって言ったけど、僕は

ヘッドはギターのもう1つの顔だと思ってる。

メーカーによって、かなり形が違うし、メーカー名が入れられてるのも大体この部分だからね。

僕は、ヘッドの形がダサいギターは、それだけで好きになれなくなる。笑

[ad#ad1]

ギターのパーツ名

さっきは

ボディ、ネック、ヘッド

の解説をしたから、ここからはさらに細かいパーツの解説をしよっか!

 

まずは、全体図で説明すると

buiparts

ギター各部のパーツの名称はこんな感じね!

 

じゃ、こっから個別に、パーツの名称と役割について解説していこう!

ブリッジ

ボディ上に弦を固定しているパーツ。

メーカーやモデルによって、形が違う事がある。

あ、ちなみに細かい事を言うと

ブリッジの上に載ってて、弦を支えてるパーツは「ブリッジナット」っていって

弦を固定しているピンは「ブリッジピン」っていうよ。

ピックガード

ボディに傷がつかないように張られているパーツ。

プラスティックで出来てるものから、べっ甲や木でできてるものまである。

これも、メーカーやモデルによって、形やデザインが違う。

ピックガードを交換すると、ギターの印象がかなり変わるよ!

っていう記事も書いてます。(宣伝かよ。笑)

簡単改造!ギターのピックガードを交換してみよう

サウンドホール

ボディに空いてる音を響かせるための穴の事。

ここでギターの音を共鳴させて、音を増幅するんだ。

中にメーカーのラベルが貼ってある事が多い。

指板(フィンガーボード)

ネックの表面にある、弦を押さえる部分。

これも材質が色々あって、それによって見た目も変わるし、音も変わる。

もう言わなくてもいいと思うけど

僕は材質によって変化する音に関しては、あんまり気にした事ないです。笑

あ、そうそう。

指板の上にあるマークは「ポジションマーク」っていうんだ!

今、どこのフレットを押さえてるのか、分かるようにするための目印みたいなもんだね。

フレット

指板に取り付けてある、金属のバー。

フレットに上に弦を押さえつける事で、ギターの音程が変わる。

作りが悪いギターだったりすると、フレットがちゃんと打ち込まれてなかったりするから、注意が必要。

フレットがちゃんと打たれてないと、音程が合わなくなっちゃうからね。

ペグ

ヘッドに付いてる、ギターのチューニングをするパーツ。

ペグを回して、弦を締めたり、緩めたりして、チューニングをする。

安物の変なペグが付いてたりすると、チューニングが狂いやすくなったりする。

チューニングが安定しない時は、ペグを交換すると安定するようになったりもするんだ。

ナット

ネックとヘッドの間で、弦を支えてるパーツ。

ここもさっき解説したブリッジナットと一緒で、弦が直接触れる部分。

プラスチックで出来てるものや、牛骨でできてるものがある。

[ad#ad1]

まとめ

ギターの各部パーツの名称と役割、意外と細かかったでしょ?

超分かりやすくとか言ったけど、分かりやすかったかな?ちょっとだけ不安。笑

 

今回の話を簡単にまとめると

 

・ギターは大きく分けるとボディ、ネック、ヘッドの3つの部位に分けられる。

・さらに細かいパーツの名称はブリッジ、ピックガード、サウンドホール、指板、フレット、ペグ、ナット。

 

って事だったよね。

 

ギター各部の名称なんて知らなくても、ギターは弾けるけど

ちゃんと知ってた方が、よりギターが好きになるし、なにかトラブルがあった時も、対処しやすいよ!

 

 

今回はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント