世界に1本だけの楽器!?中古楽器の魅力について

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 

あなたは

中古楽器って興味ある?

「中古楽器?人が使った楽器なんて弾きたくないよ…。」

って思うかもしれないけどさ

中古楽器ってすごいおもしろいんだよ?笑

誰かに弾きこまれてきた、その楽器にしかない「味」とか「個性」があるからね。

 

昔は僕も「新品の楽器が良い!」って思ってたけど

今や僕は

新品の楽器よりも、中古楽器の方が好きだもん。笑

 

今日は

中古楽器について話そうかな!

[ad#ad1]

中古楽器は世界に1本だけの楽器

中古楽器の1番の魅力は

それが世界に1本だけの楽器ってとこだと思う。

 

なんで世界に1本だけの楽器なのかって言うと

誰かが弾きこんできた楽器だからなんだよね。

前のオーナーがぶつけた時についた傷とか

日焼けのあととか

その1本にしかない特徴があってさ。

それが新品の楽器にはない「味」とか「風格」みたいなものなんだよ。

それってまさに

そのギターにしかない魅力なんだよね。

 

これは

新品の楽器には絶対ない魅力なんだ。

僕が中古楽器が好きな大きな理由の1つはこれだね。

[ad#ad1]

中古楽器を買う時に気をつけるべきこと

中古楽器を買う時に気をつけておくべき事がある。

それは

 

・楽器の状態

・適正な価格かどうか

 

この2つ。

詳しく解説していくね!

楽器の状態

中古楽器っていうのは、さっきも言ったように「誰かが弾きこんできた楽器」なわけで。

それが中古楽器の個性になるって言ったけど

楽器自体に変なクセがついてる場合がある。

どういう事かって言うと

 

たとえば、前のオーナーが

特定のコード(和音)ばっかり弾いてる人だったりすると

そのコードを押さえる時に使うフレット(音程を得るために弦を押し付ける金属のバー)だけが擦りへっていたりね。

こういうクセがついてるとすごく弾きずらい。

少しくらい擦りへってるならいいけど、あんまりにも擦りへってる場合は、リフレット(フレットを交換)しなきゃならないんだ。

そうすると、すごいお金がかかっちゃうからね。

 

楽器に変なクセがついてないか以外にも、気をつける事はあってさ。

それは

ちゃんと楽器の調整がきくかどうかって事。

たとえば

ネジが錆びてて回らないとか

チューニング(調律)が合わないとか

そういう事が結構あるんだ。

それも直せないわけじゃないけど、やっぱり結構なお金がかかっちゃうから、ちゃんと確認してから買うべきだと思うよ。

適正な価格かどうか

中古楽器って、基本的には新品の同じ楽器を買うよりは安く買える。

そりゃそうだよね。中古だから。笑

でも

生産本数の少ない楽器や、珍しい楽器、年代の古い希少な楽器の場合

新品よりも価格が高い事もあるのね。

それはプレミア的な価値があるから、仕方のない事なんだけど

知識のない人を騙して、適正ではない価格で中古楽器を売ってるお店もあったりもする。

お金を出して買うんだから、適正な価格で買わないと損しちゃうからね。

中古楽器を買う事になれてない場合、ちゃんと楽器の知識がある人についてきてもらったらいいよ。

 

え?そんな人、周りにいない?

しかたない。僕がお供しましょう。(時間と条件があえば。笑)

[ad#ad1]

おすすめの中古楽器屋さん

中古楽器を扱ってるお店って結構あるんだけど

その中でも、僕がおすすめする楽器屋さんを紹介するね!

TC楽器

最寄り駅:JR新大久保駅

TC楽器 ホームページ

 

TC楽器は

都内最大の中古楽器店。

中古楽器と言えば、ここが最初に浮かぶかな!

1F~3Fまでぎっしりと中古楽器が並ぶ、豊富な品揃えはすごいの一言。

 

僕がはじめてヴィンテージ(1950~1980年くらいの間に製造された古い楽器)のギターを買ったのが、TC楽器だった。

高い買い物(3年ローンで30万くらい)だったから、何本も試奏(おためし弾き)させてもらったんだけど

TC楽器の店員さんは、僕が何本もギターを試しても、嫌な顔1つしないで、それどころかアドバイスもしてくれて。

すごく助かったなぁ。

値段が値段だったからさ

帰り道、めちゃめちゃドキドキしながら山手線に乗ったのを覚えてる。笑

その時買ったギターがこれ。

この楽器は1974年製で、僕が3人目のオーナーなんだ。

古いギターだからね。

何度も修理に出してるし、もうボロボロ。笑

でも、なんとも味わい深いルックスだし、これにしか出せない深みのある音がするんだなぁ。

シモクラセカンドハンズ

最寄り駅:JR御茶ノ水駅

シモクラセカンドハンズ ホームページ

 

シモクラセカンドハンズは

楽器の街、御茶ノ水に店舗を構える中古楽器店。

なんて言ったって、楽器の街にある中古楽器店だからね。

品揃えも豊富なのよ。

 

僕がはじめて中古楽器を買ったのは、このお店だったんだよね。

そっからドップリと中古楽器の魅力にハマってしまった。笑

16歳くらいの時にはじめてバイトしたお金で、10万円くらいのエレキギターを買ったんだけど

その数日後、このお店で最高なアコースティックギターに出会っちゃってさ。

悩んだ末に買う事にしたっていうエピソードがある。笑

三木楽器

最寄り駅:阪急梅田駅

三木楽器 ホームページ

 

三木楽器は

大阪を中心に展開する、大手楽器店。

三木楽器は、大阪市内に店舗が複数あって

新品から中古まで、たくさんの楽器を取り揃えてる。

僕が今使ってるこのギターは、三木楽器で買ったんだけど

実は、お店に行って買ったんじゃないんだよね。

ネットで見つけて一目ぼれして、電話で楽器の状態、音なんかを聞いて買った。

我ながら思いきったなと思うよ。笑

でも店員さんがすごく丁寧に説明してくれて、すごく助かった。

こんなに親切な店員さんがいる楽器店って意外と少ないから、とてもありがたかったなぁ。

[ad#ad1]

まとめ

今回は

中古楽器についての話だったけど、どうだったかな?

 

簡単に話をまとめると

 

・中古楽器は世界に1本だけの楽器。

・中古楽器を買う時に気をつけるのは、楽器の状態と、適正な価格かどうか。

・おすすめの中古楽器屋さんは「TC楽器」「シモクラセカンドハンズ」「三木楽器」の3店。

 

って話だったよね。

 

中古で楽器を買う事に抵抗がある人もいるかもだけど

ほんとに楽しいからね。中古楽器の世界は。笑

 

あなたもぜひ、中古楽器の世界に飛び込んでみてよ!

 

 

それじゃ今回はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント