もう震えない!ライブでの緊張の対処法

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

ライブで緊張をして

「思ったように実力を発揮できなかった。」

って事はないかな?

 

せっかく練習を重ねてきたのに

本番で思うようにいかないって、とっても悔しいよね。

 

僕もライブを始めたばかりの頃に

緊張で手足が震えて、演奏はボロボロだし、MCで話す内容すらも忘れてしまった事がある。

この日の為に練習を積み重ねてきたのに

緊張を収めようとすればする程、どんどん緊張していってしまったのを覚えてるなぁ。

 

でも、ライブの経験を重ねていく中で、緊張への対処の仕方がわかってきたんだ。

それが分かってから、ライブで緊張して失敗する事もほとんどなくなった。

 

今回は、ライブで緊張した時の、3つの対処法について話そうかな!

[ad#ad1]

お客さんや共演者に対して、緊張を隠そうとしない

 

緊張してる時って

それを隠そうとすると、余計に緊張してしまうものなんだよね。

だから、まずは緊張を受け入れよう。

 

そして、思い切って

「今、すっごい緊張してるんですよ。」

って、お客さんや共演者に伝えてみよう!

これはこれで勇気がいるけど。笑

 

大事なのは、緊張しているという事を、一人で抱え込まない事。

素直な気持ちを伝えると、周りもあたたかく迎え入れてくれる。

自分の気持ちを周りの人に伝える事で、緊張もほぐれてくるよ。

[ad#ad1]

緊張した時のミスへの対策をする

ライブ中に緊張をしていると

色んなトラブルが起こる。

 

例えば

 

・演奏でミスをする。

・歌詞やMCの内容を忘れてしまう。

・早口になってしまう。

・小声になってしまう。

 

みたいな事とかね。

結果、ライブの質が下がっちゃう。

 

 

でも

緊張した時に自分がやりがちなミスを

最初から知っておけば、前もって対策を取る事ができる。

 

だけど、そういうのって、自分では把握しづらいもの。

そこで、緊張時の自分の行動を知るには

ライブ映像を録画して、あとで見返すって方法が有効なんだ。

 

例えば、自分のライブ映像を見て

「緊張すると声が小さくなってしまうな」

って事に気付いたとするよね。

 

だったら、ステージに上がる前に

「大きな声で話すようにしよう」

って意識すればいいんだ。

 

次は

緊張するとセットリスト(演奏する曲順)や

MCの内容を忘れる事に気付いたとする。

この場合は、セットリストやMCの内容を書いた紙を準備して

ライブの時に、足元に置くっていう対策を取ればいい。

 

誰でも、緊張していると冷静な判断ができなくなるものだからね。

「緊張している時にやりがちなミス」を事前に知ってれば

それに対して、しっかり対策を打つ事ができるようになるよ。

[ad#ad1]

緊張を楽しむ

緊張って、ネガティブな捉え方をされがちだよね。

でも、緊張ってそんなに悪いもんじゃないんだよ。

緊張している時は焦るんじゃなくて、それを楽しむという意識が大事!

 

そもそも、緊張っていうのは

自分が乗り越えられるかどうか分からない事や

未知の経験を前にして、興奮している状態の事を言う。

 

だから、怖がったり、ビビったりする必要はないんだよ。

それに、緊張している状態というのは、物事に集中している状態なんだ。

適度な緊張感を持つ事で、より質の高いパフォーマンスに繋がるよ。

 

僕はライブの時に緊張してきた時は

「緊張してきたなぁ。よし、気分が上がってきた!」

と思うようにしてる。

緊張を楽しむという意識を持つ事で

ライブでも、しっかりと自分の実力を発揮する事ができる。

 

緊張は自分を高めてくれるものだと思えれば、焦る事もなくなるよ。

[ad#ad1]

ライブでの緊張への対処法まとめ

今回は

ライブでの緊張への対処法についての話だったけど

どうだったかな?

 

今回の話をまとめると

 

・緊張してる事を周囲の人に伝える。

・緊張した時にしがちなミスに対して、事前に対策を打っておく。

・緊張してる状態を楽しむ。

 

って事だったよね。

これを知っているだけで、ライブでの緊張にも対処する事ができる。

 

ライブで緊張する事は誰にでもある事だよ。

それに

さっきも言ったけど、緊張するのは悪い事じゃないしね。

 

この記事を読んでくれているあなたが

ライブで緊張して、焦らない手助けになると嬉しいなって思うよ!

 

じゃ

今回はこの辺で!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

飯田正樹

 

 

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント