作詞初心者でも必ず書けるようになる!歌詞の書き方のコツとテクニック

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 

オリジナルの楽曲を作る時、歌のパートがある場合

弾き語り、バンド、DTM(デスクトップミュージック パソコンで曲を作る事。)やボーカロイド

どんな形の音楽スタイルでも、必ず作詞をする必要があるよね。

 

だけどさ。

作詞って言われるとなんだか難しそうじゃない?芸術家的な匂いがするって言うか。笑

僕も最初はそう思ってました。

歌詞なんてどうやって書いていいか分からなかったから、ひたすら書いては消してを繰り返してたんだよね。

でも、自分の曲の歌詞をたくさん書いていく内に、作詞をする時のコツみたいなのが分かってきた。

 

そこで!

今日は

初心者でも作詞ができる方法、歌詞の作り方

歌詞を書く時に必要な基本的なテクニックやコツについて、話をしてみるよ!

[ad#ad1]

テーマを決める

歌詞を作る時、まず最初にテーマを決めるところからはじめよう。

恋愛の曲にするのか、応援ソングにするのか、とかさ。

歌詞のテーマ=曲の世界観だからね。

テーマを決める事はすごく大事だよ。

 

聞いてくれる人になにを伝えたいか、どんな世界観を表現したいのか。

よく考えてテーマを決めること!

これが決まってないと、結局なにを歌いたいんだか分からない曲になっちゃうからね。

 

 

たとえば「恋愛」っていうテーマに決めたら、次はどういう感情を伝えたいか決める。

 

「恋愛」と一口に言っても色々あるじゃない?

両想いなのか、失恋なのか、分かれた恋人への未練なのか。

憧れの人への言えない片思いなのか、かみ合わない恋人とのすれ違いなのか。

 

同じ「恋愛」ってテーマでも、表現できる事はたくさんある。

つまり

1つのテーマから、色んな感情、世界観の曲が作れる

って事ね。

 

 

なんかさ、作詞のテーマ決めって、料理に似てる気がするんだよね。

よし、今日はパスタを作ろう!ってなったら、どういう味にするか決めるでしょ?

濃厚なクリーム系かな?いや、辛口のオイル系も捨てがたい。さっぱりとした和風もいいな。

みたいな感じでさ。

僕が作詞のテーマを決める時は、こんな感じの感覚でやってます。笑

[ad#ad1]

目線を決める

テーマが決まって、どういう感情を歌いたいか決まったら、次にやる事!

それは

歌詞の目線をできるだけ細かく決める

って事。

 

「恋愛」をテーマにした歌詞だとして

 

それが過去の話なのか、現在の話なのか、未来の話なのか。

自分の目線なのか、相手の目線なのか、第3者の目線なのか、それとも俯瞰的に見た目線なのか。

 

これをはっきりさせて

聞いてる人に曲の世界観を伝えやすくする

って事。

 

分かりやすく言うと

あなたは映画監督です。次に撮るのはどういうシーンですか?カメラの角度や設置場所をどうするか決めてください!

って事だよ。

 

…分かりやすいかな?笑

 

要は

この角度から見てください!

っていうのを決める事で、歌詞の世界観を伝えやすくできるよ!

って事ね。(最初からそう言え。笑)

[ad#ad1]

主人公の設定を決める

歌詞のテーマ、伝えたい感情、歌詞の目線まで決まったら

曲の主人公の設定を決めよう。

主人公の設定をしっかり決める事で、聞いてくれる人にも共感されやすいし、歌詞の言葉選びも変わってくる。

 

例えば

・特に取り柄もない、野暮ったい男。都内在住。25歳。趣味は読書と映画鑑賞。

っていう主人公にしたとしよう。

 

テーマは変わらず「恋愛」ね。

 

“今日も平凡な1日だ 君を想うだけ

こないだ観た恋愛映画 ヒロインが君に見えたよ”

 

今、適当に作詞しただけだけど。笑

こうやって「主人公がこういう人間」って設定が決まってるだけで、すごく書きやすくなると思う。

 

聞いてくれる人も「あぁ、こういう主人公なんだ。」ってのが分かるだけで、共感しやすくなる。

主人公がどんな人なのか分からない物語なんて、共感しようがないからね。笑

主人公以外にも他の登場人物がいたら、その人達の設定も考えておくと、もっと書きやすく、伝えやすくなるよ!

[ad#ad1]

歌詞の構成と展開について

ここまでで

曲のテーマ、伝えたい感情、歌詞の目線、主人公の設定

まで出来たよね。

ここまで来たら、おおまかな歌詞は完成してると思うんだ。

 

 

こっからが一番難しいんだな。笑

 

よくある基本的な曲のパターンとして

 

イントロ

1番 Aメロ→Bメロ→サビ

2番 Aメロ→Bメロ→サビ→間奏→サビ→大サビ

アウトロ

 

っていうのがあるけど

各パートの役割に合った、歌詞を当てはめてく

って事が大事だよ。

 

まず、1番のAメロは曲の入り口だからね。物語のあらすじ的な部分を書くのがいいと思う。

主人公はどんな人なのかって部分とか、誰の目線なのかってとこだよね。

 

Bメロは、Aメロとサビを繋ぐ、重要なポジション。

あと、Aメロよりもうちょっと曲の世界観を伝えたい。

例えば、「雪が降っている」とか「海を眺めていた」風景の描写が入ってくると分かりやすいかな。

 

サビは曲の中で1番伝えたい事、表現したい事を書く部分。

僕は、サビっていうのは曲の顔だと思ってて。

名曲って言われるかどうかは、サビの歌詞で決まるんじゃないかってくらい。笑

 

あと、1番と2番の書き分けについてだけど

僕はあんまり意識してない。2番は1番の続編っていう感覚で書いてる。

 

1番と2番で書き分けたいって場合は

1番は過去の話、2番は現在の話

っていう風に、時間軸で分けてみるって方法がおすすめ!

[ad#ad1]

歌詞と曲との関係性

歌詞って、曲あってのものじゃない?

どんだけ良い歌詞が書けても、曲のメロディーに乗せられなかったら意味がない。

曲に歌詞を乗せる時

曲のメロディーに、字数を合わせる

って事が重要になってくる。

 

1つの音符に対して、母音1つ、って考えると乗せやすいかな。

※母音=声が口から出るまでの間に、声が通る通路が下や唇などで妨げられない時の音。ローマ字で表記するとa、i、u、e、oの5つ。

 

例えば「ちゃ」だと「cha」だから母音は1つだよね。

つまり1つの音符に乗せられる。

 

じゃ「だって」だとどうだろう?

「datte」だから、2つの音符かな?

 

正解は3つの音符に乗せられる。

小さい「っ」は促音(そくおん)って言って、1音として捉えるから、3つの音符に乗せる事になるんだ。

 

他には、言葉を伸ばす「ー」と「ん」も1音として捉えるんだよね。

 

メロデイーに歌詞を乗せる時、こうやって母音と促音を意識すると合わせやすくなると思う!

[ad#ad1]

作詞に使うテクニック

作詞に使うテクニックっていくつもあるけど

その中でも、よく使われるものを紹介するね!

韻を踏む

歌詞の頭や最後の音を揃えるテクニック。

ラップとかでもよく使われる。

これ、僕もよく使います。

この「short cut」って曲でも使ってる。

Bメロ(00:52~)の

“薄くなった月 壊れかけの自販機 そこの信号機”

って部分がそれだね!

「月」「自販機」「信号機」、ぜんぶ最後の音が「き」になってるでしょ?

倒置法

目的語をフレーズの頭に持ってくるテクニック。

倒置法を使ってる歌詞の実例として、この曲なんかどうだろう?

Base Ball Bearの「愛してる」

サビの途中(1:04)の”愛してる 君を 間違いはないはず”って部分。

普通なら”間違いなく君を愛してるはず”になるよね?

こうやって比べてみると分かると思うけど、倒置法を使った方が歌詞にインパクトがあるよね。

反復法

何度も同じフレーズを繰り返すテクニック。

同じメロディーが連続で続く時に、使うと効果的。

例えばTHE BLUE HARTSのこの曲!「リンダリンダ」

説明不要のサビ(1:14~)で繰り返される”リンダリンダ”って歌詞。

これはかなり印象に残るよね。

比喩

比喩は何かに例えるテクニック。

比喩をうまく使ってる曲で

すぐに思いついたのが、AKB48の「365日の紙飛行機」って曲。

サビ(1:07~)の”人生は紙飛行機”っていう歌詞。

この曲は人生を紙飛行機に例えてるんだよね。

こうやって何かに例える事で、あえて直接的な表現をしない方が、人の心に訴えかけるものがある事もあるんだよね。

 

上で紹介したような作詞のテクニックを、作詞をする時に意識的に使うと、歌詞の表現方法を増やすのに効果的だよ。

[ad#ad1]

まとめ

今回は作詞について色々と書いた。

いやー…読んでても長かったでしょ?おつかれさまでした。笑

 

今回の話を簡単にまとめると

 

・歌詞のテーマを決める。
・歌詞の世界を見ている、目線を決める。
・歌詞の主人公の設定を決める。
・Aメロ、Bメロ、サビ 各パートの役割に合った歌詞を入れていく。
・曲のメロディーに歌詞の字数を合わせる時、母音を意識する。
・作詞をする時に「韻を踏む」「倒置法」「反復法」「比喩」などの作詞テクニックを意識する。

 

って事だったよね。

この6つを意識して詩を書く事で、初心者の人でもだいぶ書きやすくなると思う!

 

難しい事をたくさん書いたけど

最後は感性で勝負

だからね。

まずは、自分が思ったように書いてみる事が1番だと思う!

 

 

そんな事言ったら、この記事の意味がなくなりそうだけど。笑

ほんとにそうだと思う。

 

でも

作詞をしてて行き詰った時に、この記事で書かれてる事を意識すると、何かの手助けにはなるはずだから!

 

それと

作詞や作曲のやり方も含めた、完全無料の限定動画講義を作ったんだ!

僕が10年以上かけて、学んできた事を凝縮したよ。

絶対に参考になると思うから、登録してみてね!

あなたも今日からシンガーソングライター

 

それじゃ

今日はこの辺で終わりにしようかな。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント