魔法の4つのコード

無料動画レッスン第2回

「魔法の4つのコード」

指2本だけで押さえられる

この簡単な4つのコードだけでも、曲が作れちゃうんです。

「ほんとに…?」

と思ったあなたは、ぜひ動画の中で確認してみてください。ほんとです。笑

ギターが弾けない、まだ持っていない方でも、ついてこれる内容になっているので

ワクワクしながら、動画レッスンを見てみて下さいね!

特別なプレゼントがあります!(48時間限定)

今回の動画を見ていただいた上で、48時間以内に質問に答えてくれた方には
追加の限定レッスンコンテンツをプレゼント!

ここだけでしか受け取れないコンテンツです!

 

無料動画レッスンと

追加のレッスンコンテンツを組み合わせる事で

作詞作曲への理解が、更に深まります!

48時間限定を過ぎてしまうと

プレゼントは受け取れなくなってしまいます。

忘れない内に、コメントをしてくださいね。(^^)

 

あなたへの質問(アンケート)

質問

あなたが音楽の作り方を学ぶ上で、難しいと思う事はなんですか?

(例:音楽理論が難しくて、何から学べばいいか分からない)

 

アンケートの提出期限は、あなたにこの動画をお届けしてから、48時間以内とさせていただきます!

期限を過ぎてしまうと、プレゼントは受け取れなくなってしまうので、注意して下さいね。

「忘れてたら終わってた…。」とならないように、今すぐコメントをしてくだい!

*プレゼントは mizuplus.official.club@gmail.com というアドレスから送信しています。

2日経っても届かない場合、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

*コメント反映には、時間がかかります。

*お名前は、ハンドルネームでも大丈夫です

*メールアドレスは、プレゼント送信用の為だけに使います。

外部に公開される事はないので、安心してコメントしてくださいね。

*いただいたコメントには、僕からお返事をさせていただきます!

楽しみにしていてくださいね!

 

※動画を見てないと思われるコメント、質問と関係のないコメント、適当なコメント、失礼なコメントには、プレゼントは送りませんので、ご了承ください。

プレゼントはコメントを頂いた順に、お送りします!

「魔法の4つのコード」への23件のフィードバック

  1. Ryo.T より:

    アルペジオが難しい(特にテンポの速い曲はなかなかついて行けません)。

    (徐々に改善されてきましたが)アップストローク時に音の鳴りが悪い(or引っ掛かる)。

    テンポの速い曲はコードチェンジがうまくできなかったりする(徐々に改善はされてますが)。

    リズム(テンポ?)が走る。

    などがあります。

    1. 飯田正樹 より:

      Ryo.Tさん、今回もコメントありがとうございます!

      アルペジオ、難しいですよね~。
      僕も昔、まったく弾けなかったですよ。
      特に速いテンポのものは、苦手でした。笑

      これを改善するには、指と体が慣れるまで
      諦めないで、練習するしかないんですよね。
      結局、ギターの演奏の上達に必要なのは
      指がその動きに慣れるまで、同じ事を繰り返す練習だと考えています。
      一週間やってもダメなら、二週間。
      それでもダメなら、一ヶ月。
      とにかくアルペジオの練習をしてみて下さい。

      不思議なものですけど
      「全然弾けねぇ…。」
      と思っていたものが、ある日突然
      弾けるようになります!
      応援していますね!

      アップストロークの鳴りが悪い、引っ掛かるのは
      ピックを弦に当てる角度が問題なのと
      アップストロークに慣れていない事が原因だと考えられますね。
      めちゃくちゃ分かりやすい動画があるので
      こちらを紹介させていただきます!
      https://youtu.be/jHIFnJaMY48

      コードチェンジについても、慣れの問題がかなり大きいです。
      でも、そんなにすぐに慣れるわけないんですよね。笑

      僕から1つ、アドバイスをさせていただくとするなら
      「慣れるまでは、コードをチェンジする合間、開放弦を入れて誤魔化す」
      という方法を取り入れてみてもいいかなと思います。
      こちらの動画が参考になるので、見てみてください!
      https://youtu.be/PJaMsxUJfOg

      リズムが走ってしまう。
      これも、よく分かります。
      僕もそれでよく、バンドの相方に怒られてましたから。笑

      リズムが安定しないのは、普段からリズム練習をしていない
      というのが、大きな理由ですね。
      なので、練習をする時、メトロノームを鳴らしてみてください。
      最初は煩わしいですけど、慣れてくれば
      これが自然になりますし、リズムも安定してきます!

      長くなってしまいましたが、参考になればうれしいです!

    2. みん より:

      4つのコードで曲ができるのすごいと思いました!

      1. 飯田正樹 より:

        みんさん、コメントありがとうございます!

        このコードに限らずなんですけど、意外と少ない数のコードでも
        曲って作る事ができるんですよね。

        参考になればうれしいです!(^^)

        他に音楽を学ぶ上で、難しく感じる事があれば、教えてくださいね!

  2. おっちゃんの領域 より:

    飯田正樹さん、こんばんわ

    音楽理論も難しいと思いますが、メロディが難しいと考えます。
    楽器が出来ない分、イメージがしにくいかなって思ってます。

    余談ですが…今回のレッスン動画でギターのコードを知る事が出来たので、良かったです。
    若い頃にギターをさわった事は有るんですが、コードが理解出来なくて、全然ダメでした。
    今回の動画で、わかりやすく解説をしてるので、ギターにチャレンジをしたいと思った次第です。
    これからもよろしくお願いします

    1. 飯田正樹 より:

      おっちゃんの領域さん、こんにちは!

      確かに曲作りをした経験がなかったり、楽器が弾けないと
      なかなかイメージしにくいかもしれないですね。
      僕も最初は、全然作れなかったです。
      弾けなきゃ絶対ダメではないですけど
      楽器が弾けた方が、圧倒的に楽です。

      でも、ギターを触った経験があるんですね!
      じゃあ、もうこの機会に始めちゃいましょうよ!笑

      今回のレッスンでやらせてもらった
      4つのコードなら、しっかり練習すれば
      すぐに押さえられるようになります。(^^)

      1. おっちゃんの領域 より:

        飯田さん、こんにちわ

        サンプルをありがとうございます
        テンポはミディアムで考えてみます。
        テーマもある程度は決まってます。
        キーワードも考えているのですが
        これって、今は考えなくてもいいですかね?
        連投のコメントすみません

        1. 飯田正樹 より:

          おっちゃんの領域さん、こんばんは!

          サンプル、役立っているようでよかったです。(^^)

          お!良い感じですね!
          作詞については、これから先のレッスンで、詳しく解説していきます!

          テーマやキーワードが浮かぶっていうのは
          とっても良い事なので、忘れない用にメモしておいてください!(^^)

  3. トム より:

    メロディとコードの関連性がよく分かりません。
    つまり、既存の曲のメロディを聴いてもそのコードの組み合わせは浮かんできませんし、逆にコードの並びを決めて歌詞を作ってもそれに合ったメロディをどうやって作るのがよく分かりません。

    1. 飯田正樹 より:

      トムさん、コメントありがとうございます!(^^)

      メロディーとコードの関連性ですね。
      これを理解する上で、まずはKey(キー・曲で使われる音階)というものを知る必要があります。
      これは、「どんな音を使って曲を作るか」というルールみたいなものなんです。
      曲というのは、基本的にKeyの中の7つの音で構成されています。

      例えば、誰もが知っている「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・(ド)」という音階は
      Key Cの時に使える7音です。
      つまり、Key Cの曲のメロディー、コードは
      この7つの音の組み合わせで作られているんです。

      例えば、Key Cで使えるコードと、その構成音をいくつか例に挙げてみます。
      ・C=ド ミ ソ
      ・Dm= レ ファ ラ
      ・G= ソ シ レ
      という感じです。
      どのコードも、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・(ド)」
      という7つの音の組み合わせなのが、分かってもらえると思います。

      ちなみに、今回ご紹介させていただいた
      「C D Em G」という4つのコードは
      Key Gで使う事ができるコードです。

      既存曲のメロディー”だけ”を聞いただけでは
      僕もコードの組み合わせまでは、すぐには判断できないですよ。笑
      まずは、メロディ―ラインの音を確かめて、そこから曲のKeyを導き出します。
      そこから、どんなコードが使われているか、組み合わされているかを分析します。

      コードの並びを先に決めて、歌詞を作る時は
      曲調や、「Aメロ」「Bメロ」「サビ」などの、各パートの役割を意識されていますか?
      これらを意識して作っておかないと、あとからメロディーを乗せるのは難しいと思います。
      各パートの役割については、今後のレッスンでお伝えしていくので、楽しみにしていてください!

      そして、先にコードと歌詞が決まっている場合、曲のKeyが分かっていれば
      そのKeyの中で使える7音の中から、メロディーを作るという感じですね。

      ちなみに、曲のKeyが分からない場合は
      「ダイアトニック・コード」
      というものを知っていれば、使っているコードに当てはめる事で
      割と簡単にKeyが割り出せるという事を、頭の片隅にでも置いておいてください。笑

      参考になればうれしいです!

  4. きくいも より:

    これは以前難しいと思っていたことなのですが、
    作曲をはじめるにあたって、まず何をすればいいのか、何をどのような順番で学べばいいのか、それが分からずに一向に進まない、
    ということあり、そのようなところで作曲を学ぶことは難しいと思っていました。
    今はいーださんの動画も含め、超初心者向けのコンテンツがいくつかあるので、迷わずに進むことができてます。

    1. 飯田正樹 より:

      きくいもさん、今回もコメントありがとうございます!(^^)

      確かにおっしゃる通り、何から始めればいいのか、何を学べばいいのか
      最初はまったくわからないですよね。
      僕自身、同じような事で迷っていた時期があるので、とてもよく分かります。

      僕の動画がお役に立てているのなら、とてもうれしいです!
      ありがとうございます!(^^)

  5. かい より:

    音楽って自由なので勉強する領域がいっぱいあるのが難しいのかなって思います

    でも60点を取るのは意外と簡単かもなって思います

    1. 飯田正樹 より:

      かいさん、コメントありがとうございます!(^^)

      そうですね。本当に勉強する事がいっぱいあるなと思いますね。
      僕も未だに勉強しています。

      以前のコメントでも思ったんですが、かいさんはレベルが高いんだと思います!
      普通、なかなかそんな風に言えないです。笑
      100点に近づくお手伝いが出来たらと思います!

  6. ひで より:

    はじめに、今回紹介していただいたコードすごくカッコ良かったです。
    流星群には勝てませんが、おいすがれる曲を書きたくなりました。できすぎたことを言ってしまい申し訳ありません。
    次回も楽しみにしています。
    これから長文になりますが、ご了承ください。
    難しいことがたくさんありすぎて困っています。
    好きな歌を吸収したくて、、聞いても、どこで各パートの音がなっているか判断がつきません。
    楽譜がない時に、耳コピをしたいのですが、やり方がわからなくて困っています。

    ギターを弾きながら左足で4秒市をカウントできるように、、2週間前から練習中ですが、どこまでカウントをとっていたのかや、裏拍で手を叩こうと思っても、リズムが崩れてしまいます。
    今年の7月にギターを始めて、ローコードのcdmefgamb flatと、バレーコードのメジャー;マイナー;7thとそのマイナーの押さえ方は覚えましたが、コートチェンジがうまくいかず、音がびびってしまいます。 そして、ピックが滑って、飛んでいってしまいます。

    サス4とかギミニッシュとかも覚えたいのですが、バレーコードで全部抑えることはできないのでしょうか。ローコードで細々覚えようとすると頭がパンクしそうです。
    おんコードも弾けるようになりたいのですが、動画を見ても理解できなかったです。
    コードが無限にありすぎて結局どれを覚えていいかわかりません。

    作詞作曲全般について、自分に自信がないせいか

    楽曲制作に向かうことについてどう言ったスタンスで向かっていいのかや、どう言った音楽をボク自身が作りたいのかがわからないです。
    心動かす音楽って、作っている人が、本気の熱意と愛しているからこそ、リスナーにもその空気が伝わって喜怒哀楽が生まれると思うんですけど、その根幹となるものがばたついている状態でシンガーソングライターになっても良いのかなと
    いろんな曲を聴いて感じてます。

    長文失礼しました。

    1. 飯田正樹 より:

      ひでさん、今回もコメントありがとうございます!

      今回紹介した4つのコード、比較的簡単に押さえる事ができて
      響きもオシャレでカッコ良いので、とってもおすすめです!
      僕の曲も褒めていただいて、ありがとうございます!
      ひでさんも、素晴らしい曲、きっと作れるようになりますよ。(^^)

      僕も最初の内は、分からない事だらけでした。
      だから、ひでさんのおっしゃってる事、よく分かりますよ。
      耳コピって難しいですよね。
      慣れてくると
      「あ、多分このパターンだな。」
      って予測がつくんですけど、最初は何が何だか分からないと思います。

      なので、色んな曲を聞たり、コピーしたりして
      少しずつ耳と、感を磨いていくのが良いと思います。
      時間はかかりますけど、着実な方法ですね。

      リズムトレーニングもされているんですね!
      うんうん。分かりますよ。

      実は僕も、リズムを取るのは苦手な方なので。笑

      だけど、「リズムが崩れている」という事を認識できている時点で
      ひでさんのリズム感が優れている証拠なんですよ。
      頭では分かっているけど、体がついてきていない状態だと思います。
      繰り返し練習する事で、少しずつ体も慣れてくるので
      まずは、ゆっくりめのテンポで練習してみて下さい。

      3ヶ月の間に、だいぶコードを覚えられたんですね!
      コードチェンジも慣れが必要ですね。
      ポイントとしては、左手が追い付かなくても
      右手のリズムは絶対に崩さない事です。
      これを意識していると、だんだんと左手も早く押さえられるようになってきます。

      ピックが滑って飛んでいってしまうのは

      ・ピックを握る力が弱すぎる
      ・弦に強く当てすぎている
      ・ピックの持ち方が正しくない
      ・指が乾燥している

      などの原因が考えられますね。
      僕が直接、指導できる状況であれば
      改善してあげる事もできると思うのですが…。

      一部のコードを除いて
      ほとんどのコードは、バレーコードで押さえる事ができますよ!

      コードは、かなり数があるので
      一気に覚えようとしない方がいいです。
      まずは、自分が好きな曲のコード進行を覚えて
      少しずつ知っているコードを増やしていくといいですよ!
      焦らず、楽しく学んでみてくださいね。(^^)

      僕も最初の内は、自信なんてなかったし
      どんな曲を作りたいかも分からなかったです。

      だけど、とりあえず
      「自分のオリジナル曲を作ってみよう!」
      くらいの気持ちで始めました。

      結果、何の為に曲を作るのかや
      どういう音楽を作りたいのかという事も
      だんだん分かってきました。

      ひでさんのおっしゃる通り
      熱意や愛があるからこそ、人の心を動かすんだと思います。
      だけど、最初からそれだけの曲を伝えられる
      技術、表現力、知識は、ほとんどの人が持っていないです。

      なので、まずは自分で曲を作る事に慣れる事と
      技術、表現力、知識を身に付ける事に
      集中したらいいと思います!

      僕も自分が本当に納得できる曲が作れるようになるまで
      何年もかかりました。

      それでも、そこまでやり続けてきたから
      そういう曲が書けるようになったんです。

      ひでさんは、音楽に対して
      とても熱意がある方だなと思うので
      ぜひオリジナル曲を作れるようになってほしいし
      どんな曲を作られるのか、気になります!

      次回もまた、コメントいただけるのをお待ちしてます!
      そこでまた、アドバイスできたらと思います!

      これからもよろしくお願いします。(^^)

  7. キヨ より:

    将来的には自分で作詞作曲をしてバンド活動をしたいと思っています。まだギターを弾けませんが、ギターのコードと歌詞だけで曲を作れるようになったとして、ギターがメロディーを弾いてベースもドラムも参加してというバンドみたいな曲に仕上げることって可能なのでしょうか。右手の動きも早くてよく分かりませんでした。弦を弾く動きが↓↑↓↑ではないように見えましたがどうやって弾いているのですか?
    同じ曲でも教則本とギター雑誌に載っているコードが違うかったり、弾いてみた系の動画でも本人と全く同じ人もいればなんだか押さえてる場所が違う気がする人もいるしでなにをどうしたら弾けるようになるのか分からなくなってコピーは諦めていきなりオリジナルソングを作ることにしました。既存の曲の練習から始めるのと、自分で曲作りからギターを始めるのとで上達に差が出ることはありますか?

    1. 飯田正樹 より:

      キヨさん、今回もコメントありがとうございます!

      具体的な将来図を描けていて、とても良いですね!
      バンドアレンジ(=編曲)をする場合、作詞作曲した人がすべてのパートの演奏を考えるパターンと、各パートの演奏は、それぞれが考えるという形があります。
      なので、必ずしも自分でアレンジする必要はないですよ!
      実際にバンドを組んだ時、考えれば良いと思います。(^^)

      今回のレッスンで弾いている右手のパターンについては、別途動画を送らせていただきますね!

      同じ曲でも、教則本やギター雑誌によって、コードが違うのは、ギターのコードの押さえ方にいくつものバリエーションがあるからです。
      これも別途動画で送らせていただきます!

      確かによく分からない事だらけですよね…。
      僕も最初は何が何だか分からなかったです。
      でもまずは、コピーから始める事をおすすめします!
      既存曲のコピーをする事で、コードの押さえ方、コード進行、右手のパターンなど、学べる事がたくさんあります。
      逆に、いきなりオリジナルを作ろうとすると、自分の中に引き出しがないので、曲を作るのがとても難しくなります。

      どんな事でも、まずは模範から始める事が大事です。
      自分より上手い人、レベルの高いものを模範する事で、自分もそこに近づけるからです!
      なので僕は、最初は既存曲のコピーをおすすめしています!

      また次回以降もコメントをいただければ、その都度、アドバイスもできるかと思います!

      よろしくお願いします!

  8. ゆうすけ より:

    こんにちは、ゆうすけです。
    前回は、音声まで録って頂き、ありがとうございます。そのアドバイスをもとにもとのサビ、

    今さらこんなこと言うなんて
    間違いだと分かっているけど
    最後に一言、言わせてよ
    君が好きだよ 君に逢いたいよ

    に、こんなAメロ付けてみました。

    一人で悩んでた僕に
    君は笑顔をくれた
    あの時、空は何色に染まっていたのかな

    これってどう思われますか?
    何か改善点などがあれば、
    ご意見頂きたく思います。
    そして、この曲にアルペジオを、
    付けたいのですが、
    弾き方が分かりません。
    何か練習方法などがありましたら、
    教えてください。
    長くなってしまって、
    申し訳ございません。
    では、よろしくお願いいたします。

  9. ゆうすけ より:

    こんにちは、ゆうすけですが、
    昨日のコメントへの返事が来ていない様ですが、そちらに届いていたでしょうか?お返事、お待ちしております。
    よろしくお願いいたします。

    1. 飯田正樹 より:

      ゆうすけさん、こんにちは!
      今回もコメントありがとうございました!

      返信は2日以内にお返ししているので、少しだけ待っていてくださいね。(^^)
      後ほど、メールで送らせていただきます!

  10. マホ蟹 より:

    こんばんは〜
    私は楽譜が読めませんので、音楽を学ぶにはまず音符から… となるとまた小学生に逆戻りになるので、基礎が分かってない事の不安は結構大きいですね。

    楽器においても同じで、親指でミュートをするのは今回のレッスン動画で知りました。やはり基礎を学ぶ事から始めないと先々苦労しそうで、とても不安です。

    前回のコメントが、「あなたのコメントは承認待ちです」になってまして、やはり素人には難しいのかもしれませんね。

    まず、ヤマハ音楽スクールに通って基礎を学びたいと思います。

    飯田正樹さん、レッスン動画ありがとうございました。
    失礼致します。

    1. 飯田正樹 より:

      マホ蟹さん、コメントありがとうございました!
      前回のコメント、僕が見落としてしまっていて、本当にごめんなさい。m(_ _)m

      にもかかわらず、今回もコメントいただいて、ありがとうございました!
      おかげさまで、前回のコメントに気づけました…!!
      今後、見落としないように気をつけますので、どうぞよろしくお願いします!

      楽譜、実は僕もほぼ読めません。笑
      ギター弾き語りでオリジナル曲を作る場合、楽譜の読み書きができなくても問題ないですよ!

      親指ミュート、知ってると便利ですよね。
      ぜひ活用してみてください。(^^)
      もちろん基礎を学ぶ事も大切なんですけど、それを学んでいたとしても、色んな壁にはぶつかります。笑
      結局、知識だけがあっても、体がついていかないと、ギターは弾けないですからね。
      実際に弾きながら、少しずつ知識をつけていくといいですよ。(^^)

      コメントの見落とし、ほんとにすみませんでした…!
      僕のレッスンでは、曲作りの経験がまったくない人でも、オリジナル曲が作れるようになってもらえる事を一番の目標にしています!

      なので、次回以降のレッスンでも、ぜひまたコメントしてください!
      アドバイスさせていただきます。(^^)

      今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です