初心者も大丈夫!バンドを組む方法とは?

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

あなたは

バンドって組んだ事ある?

 

「組み方が分からないから、この記事読んでるんだろ!」

って思った、あなた。

 

ごめん。笑

 

 

バンドを組む方法って、けっこう色々あってさ。

 

今回は

バンド初心者でも、安心してバンドを組める方法について

お話していこうと思うよ!

[ad#ad1]

バンドを組むために必要なもの

まずね、バンドを組むために必要なものから話していこう。

 

それはね。

バンドのメンバーです。

 

 

「いやいや、当たり前だろ!」

って思ったよね。笑

 

 

でもさ。

バンドのメンバーを集めるって言っても

 

・何人集めるのか?

・募集する楽器のパートは?

・年齢や性別は?

・趣味でやりたいのか、プロを目指したいのか?

・コピーバンド(既存のアーティストの曲をやるバンド)をやるのか?オリジナル曲をやるのか?

・どういうジャンルの音楽をやりたいのか?

・練習の場所や、頻度は?

 

とか

色々考えなきゃいけないのよ。

 

 

つまり

バンドを組むのに必要なものって

「自分の求めてる条件に合うメンバー」

って事なんだよね。

 

これがなかなか難しいんだ。笑

 

 

でもね。

 

妥協して、条件が合わない人とバンドを組んじゃうと

結局はすぐ解散って事になっちゃうから、条件が合う人を根気強く探すべきだと思うよ。

[ad#ad1]

バンドメンバーを探すには?

さて。

 

じゃあ

どうやって自分の求める条件に合うバンドメンバーを探すのか?

って話をしていこう!

インターネットで探す

今の時代さ。

バンドメンバーを探すってなったら

インターネットで探すのが、1番てっとり早いと思う。

 

大手メンバー募集サイトのリンクを、いくつか張っておくね。

 

OURSOUNDS

with9

ジモティー

 

インターネットだったら、自分の曲を聞いてもらう事もできるし

会う前にある程度のやりとりもできるしね。

 

年齢や、性別はもちろん

どんな音楽をやりたいかとか、募集のパートがなんなのかとか

そういう事も検索できちゃうからね。

 

初心者同士で、初めてバンドを組むって場合でも

この方法が1番良い気がするな。

 

ほんとさ。

便利な世の中だよ。笑

楽器屋や練習スタジオに張り紙を出す

バンドメンバーの募集は

楽器屋や、練習スタジオに張り紙を貼ってもらう。

 

っていうのが

昔ながらのバンドメンバーの探し方なんだよね。

 

 

よくあるのが

 

“当方、プロ思考。

都内を中心に、月に2~3回ライブ予定。

メロディー感のあるロックをやりたいです。

ボーカル以外の全パートを募集。

一緒に世界を変えてくれる同志を募集します。”

 

みたいなやつね。

 

こんな便利な時代に

正直、ちょっとアナログすぎるかなーとは思うけど。笑

人に紹介してもらう

これも昔ながらのやり方かな。

 

あなたがある程度、音楽関連の知り合いがいるなら

「今度、バンド組みたいんだよ。

ドラムとベース探してるんだけど、良い人知らない?」

とかさ。

 

でも、この方法は

ちょっと上級者向けか。笑

スカウトする

自分が

「絶対この人とバンド組みたい!」

って思った人を、スカウトするっていう方法もある。

 

 

この方法、かなり勇気がいるね。

人見知りの僕にはできないや。笑

 

「あなたのギターで歌いたいです!

一緒にバンドやってください!」

みたいな感じで声かけるわけだから。笑

 

でも、音楽経験がほとんどなくても

実際にこうやってバンドを組んだ知り合いの人もいるよ。

 

だから、ほんとに一緒にバンド組みたい人がいるのなら

勇気を持って話かけてみるのも良いと思う!

 

 

僕は絶対にできないけどね。笑

友達とバンドを組む

最後に紹介するのは

友達とバンドを組むって方法。

 

周りに

「バンドを組みたい!」

って友達がいれば、これがおすすめ。

 

なんでかって言うとさ。

 

バンドって

音楽性とかテクニックよりも

人間的な相性が、1番大事だからなんだよ。

 

人間的に相性が良いと、演奏の相性も良い事が多い。

間の取り方とか、呼吸の合わせ方とかね。

 

そういう人と演奏してると、本当に楽しいんだ。

「この人と一緒に演奏してると楽しい!」

って思えるようなメンバーが最高のメンバーだよ。

 

もちろん、人間的には相性良くても

あまりにもやりたい音楽が違うとか、まったく練習しないとかはダメね。笑

 

 

 

ちなみに僕は、大親友と2人で

「mizu plus(みずぷらす)」

ってバンドを組んでるよ。

 

「こいつ以外の人とは、バンド組みたくない!」

って思わせてくれる、最高のメンバー。(自慢 笑)

 

僕らが

「いかに楽しいバンドを組んでるか」

って事が分かる、ツアードキュメントの映像を載せておくね!笑

[ad#ad1]

まとめ

今回は

バンドを組むための方法ってお話だったけど

どうだったかな?

 

今回の話を簡単にまとめると

 

・バンドを組むのに必要なのは、条件が合うメンバー。

・メンバーを集める方法は「インターネット」「張り紙」「紹介」「スカウト」「友達を誘う」などがある。

・バンドを組む上で1番大事なのは、人間的な相性。

 

って事だったよね。

 

バンドって1人じゃできないものだし

メンバーを集めるのって大変だと思う。

 

条件が合う人って、なかなかいないしね。

 

 

でも、さっきも言ったけど

色んな条件はもちろんだけど、1番大事なのは

メンバーとの人間的な相性だと思う。

 

だってさ

相性が悪い人とバンドやっても

続かないし、楽しくない!

 

これじゃダメでしょ?笑

 

 

不思議なもんだけど

人間的な相性が良い人との方が、演奏もかみ合うもんなんだよ。

 

 

この記事を読んでくれたあなたが

「このメンバー以外ありえない!」

って思わせてくれるような

素敵なメンバーと、バンドを組めますように!

 

そして

もっと音楽を楽しめますように!

 

 

じゃ

今回はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント