集客ができないバンドマンへ!その集客方法は間違ってる

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 

あなたは

バンドで集客するのに必要なものってなんだと思う?

 

うん。答えから言っちゃうけど

集客に必要なものっていうのは

人を集められる、優れた集客方法だよね。

 

「そんな事、改めて言われなくても分かってますけど…。」

って思うかもしれないけど

間違った集客方法をしているミュージシャンが本当に多いんだよ。

 

とか偉そうに言ってるけど

昔の自分もそうだったよ。笑

 

だから、今日は

がんばってるのに集客ができない、バンドマンやミュージシャンに読んでほしい

間違えた集客方法について話していこうと思うよ!

[ad#ad1]

「面白い事をしてれば人は集まる!」は間違い

よくさ

「よし!面白い事しようよ!そうすればきっと人が集まるよ!」

っていう考えてるミュージシャンがいるけどさ。

 

それ、絶対間違ってるよ。

なんでそう思うかって、自分がそうやって散々失敗してきたからだよ。笑

 

分かりやすく話すとさ

例えば、僕がらーめん屋の店主だとしよう。

「麺は素材にこだわった自家製麺。スープは丸1日かけて炊き出したとんこつスープ。具材にもとことんこだわろう。」

そうして出来上がったらーめんは、最高においしい一杯になったとしてさ。

でも

美味しいらーめんを作ってれば、勝手に人が集まってくるわけないよね?

どんだけ一生懸命時間をかけて、どんだけ美味しいらーめんを作っても、人に知られなければ意味ないでしょ?

 

お客さんが入ってるらーめん屋さんっていうのは、口コミだけに頼らないで

ちゃんとお金を使って宣伝をして、お客さんを呼ぶ努力をしてるはずだよ。

中には、そういう努力をしないお店もあるんだろうけど。(らーめん好きとしては、ぜひ知りたい。笑)

 

ちょっと話がそれたけど

つまり

「面白い事をしてれば人が集まる。」っていうのは、さっきのらーめん屋の話とまったく同じって事だよ。

どれだけ面白い事を企画しようが、人に知られなければ、存在しないのと同じ。

どういう事をやるかってことも、もちろん大事だけど

それをどうやって広めるかって事は、同じくらい大事なことなんだよ。

 

なんでみんなそれに気付かないんだろうって、不思議に思うんだけど

さっきも言ったように

僕自身も、そんな事はいっさい考えないで活動してた時期があるからね。気持ちは分からなくはない。笑

 

でも、ほんとにこの方法では集客ができなかったから

集客ができなくて悩んでるミュージシャンには、どうにかして気付いてほしいんだよ!

[ad#ad1]

フライヤーをばら撒くのはやめよう

フライヤー(チラシ)をたくさん作って、ライブハウスや楽器屋さんとかに張ってもらったり、ライブの時にお客さんに配ったり。

そうやって無作為にフライヤーをばら撒くの、今すぐにやめよう。

 

きつい言い方をするけど

はっきり言う。お金の無駄です。

 

「は?なんで?みんなやってんじゃん!」

って思うかもしれないけどさ

じゃあ聞くけど、周りでその方法でしっかり集客できてる人を知ってる?

 

それに、もう1つ聞くけど

自分がお客さんとしての立場の場合、フライヤーを見て、それがきっかけでライブに行った事ある?

僕は1回もない。

もともと好きなバンドやミュージシャンの場合だったらあるけど、それはフライヤーを見たから行ったわけじゃない。

そんなものがなくても、ライブに行ってた。

 

フライヤー作るのにも、デザイン費だったり、印刷代だったり

お金も時間もかかる。

それなのになんの集客効果もないんじゃ、悲しいでしょ。

[ad#ad1]

拡散希望はもうやめよう!SNSでのライブ告知はしなくていい

よくさ

【拡散希望!!】僕たち、はじめてのワンマンライブをやります!絶対に後悔はさせません!最高の時間にするので来てください!!ぜひに!!

みたいなのあるじゃん?

 

まー仮に

ある程度の数、拡散されたとしてさ。

それを見て、そのバンドを知らない人が

「うぉー!最高の時間っていうなら行くしかないね!!」

ってなると思う?

 

めちゃめちゃ厳しい言い方するけどさ

他人がそんなに簡単に、お金と時間を使って、なんの思い入れもないバンドのライブに来るとでも思ってるの?

もし本気でそう思ってるなら、甘すぎるよ。

そんな事くらいで集客ができるなら、誰も集客方法でなんか悩まない。

 

拡散された数を見て「わー!こんなに拡散されてる!」ってうれしく思う気持ちは分かる。

ありがたいよね。

でも

それが集客人数に結びつかないんだったら、ただの自己満足になっちゃうよ。

 

それにさ

宣伝ばっかのSNSなんて見たくないでしょ。笑

SNSっていうのは、宣伝よりもそのアーティストの日常や人間性を知りたくて見るものだと思う。

 

だから拡散希望とか、宣伝ばっかするのはやめたほうがいいって事!

[ad#ad1]

まとめ

今回は

間違った集客方法についての話だったけど、どうだったかな?

 

簡単に話をまとめると

 

・音楽で収入を得るために必要なのは、集客すること。

・集客に必要なのは、人を集められる優れた集客方法。

・面白い事をやれば人が集まるわけじゃない。

・フライヤーをばら撒くのはやめるべき。

・SNSでの拡散希望は意味がない。

 

って話だったよね。

 

あのさ

今回はちょっと厳しい言葉がたくさんあったと思うけど

全部、昔の自分に言いたい事なんだ。笑

 

この記事を読んでくれているってことは

あなただってきっと、音楽で収入を得たくて、集客方法に悩んでるんだよね?

昔の僕もそうだった。どうしていいか分からないから、周りの真似をしてたんだよ。

周りと一緒の事をするのは、気持ち的には楽だよね。

多数決で多い方が正しいみたいな気になるのも分かる。

 

でもさ

そんな考え方はクソ食らえなんですよ。笑

自己満足のためにやってるわけじゃないんだから、効果が出ない集客方法は今すぐにやめるべきだと思う。

そもそも、普通の人(普通がなんだかわからないけど)はみんな就職したりする中で

「音楽で収入を得たい!」って思ってる僕らは、社会全体から見たら圧倒的なマイノリティー(少数派)なんだよ。

だったら今更、多数決なんて気にする必要なんてないじゃん。

少数派が悪いって言ってるんじゃないよ。

結果の出てない周りのミュージシャンの真似をする、悪いクセをやめたら?

って話をしてるんだよ。

 

 

・・・うん。

珍しくずいぶん熱く語ってしまった。笑

 

でもさ、繰り返し言うけど

本当に集客がしたいんだったら、今までやってきた集客方法は今すぐやめるべきだよ。

「過去の積み重ねの結果が、現在の自分だ。」

って事を忘れないでほしい。

結果が出ててない方法をやり続けても意味ないよ。

 

音楽で収入を得るって話は、こっちでまとめてるから、よかったら読んでみてね!

音楽で収入を得たいバンドマン必読!集客とマーケティングとは

少しでも、あなたの集客のヒントになったらうれしいです。

 

 

それじゃ今回はこのへんで終わろう!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント