自分でPVを撮る!自作PV制作のための手順と撮影方法

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 

いきなり質問だけど

PV(プロモーションビデオ)って作ったことある?

 

「ある!」

って人にも、もちろん読んでほしいんだけど

 

「ないよ!だって結構なお金かかるでしょ?」

って思った、そこのあなた!

あなたのような人にこそ、この記事を読んでほしい!笑

 

PV作るのって、お金かかるイメージがあるのは分かるよ。

実際、PVを作ってくれる業者さんにPV制作を依頼したら

安くても7万円、高くて30万円とかかかっちゃう。

「自分のPVは作りたいけど、そんなにお金使えないよ…。」

って人、いるよね?

だって、僕だってそう思ってたから。笑

 

だったらどうしたらいいかって

自分でPVを作っちゃえばいいんだよ。

しかもiPhoneを使ってね。

 

「そんな事できるの!?」

ってあなた、安心して!

映像なんか作った事もなかった、スーパー不器用な僕でもできたんだから。笑

絶対にあなたにもできます!

 

どうやってPVを作るか、まとめてある記事も書いてあるから、合わせて読んでみてね!

自分でできる!iPhoneを使ったPV制作!

 

今日は

自分でPV撮影をするための3つの方法について、話していこうと思うよ!

[ad#ad1]

撮影の方法

よし!まずは

「PVを撮ろう!」

ってなった時、どういう手順で撮影に入っていくか、説明してこうかな。

撮影に入る時、大きく分けて3つの手順が踏む必要がある。

 

・機材調達

・ロケハン

・登場人物の設定を決める

 

この3つだね。

1つずつ詳しく解説してくよ!

[ad#ad1]

機材調達

まずはこれだよね。笑

PV撮影をするのに、具体的になにが必要かって言うと

 

・カメラ

・PVを制作をする楽曲の音源

・スピーカー

・三脚

 

最低限、この4つは必要かな。

カメラ

今回の方法で紹介してるのはiPhoneを使った撮影方法だから、カメラはiPhoneを使用するよ。

iPhoneは一般的な家庭用のビデオカメラに負けない画質を持ってるし、アプリで動画の編集や加工もできる。

なかなかの優れものなんだよ。

PV制作に使えるiPhoneアプリを紹介してる記事もあるから、読んでみてね!

自分で自作のPVを作るのに便利!iPhoneアプリを紹介

 

あ、予備のバッテリーも忘れずに!

撮影途中で電池切れ!

なんて事は避けたいからね。

PVを作る楽曲の音源

PVを撮影する時は、あとで映像と音のズレが出ないために

そのPVの曲を聞きながら演奏する事になる。

だから、PVを作る楽曲の音源は必須だよ!

スピーカー

音源を聞きながら撮影するって書いたけど

演奏するシーンで意味もなくイヤフォンをしてたらカッコ悪いでしょ?笑

 

だから、小型のスピーカーを持ってくといいよ!

スピーカーを使って、音源を聞きながら演奏する。

ある程度スピーカーと距離が離れていても、音源が聞き取れるくらいの音量が出るものがおすすめ。

三脚

カメラを手で持って撮影すると、映像にブレがでちゃうから、三脚は必須!

それに、もしも1人で撮影する場合、三脚がないと自分の事を撮れないしね。笑

 

三脚はある程度、しっかりとした物を買うのをおすすめ。

安物だと作りがチープで頼りないし、軽いから風に煽られて倒れたりするからね。

[ad#ad1]

ロケハン

次に必要なのはロケハン!

ロケハンっていうのは、「ロケーションハンティング」の事。

まぁ要は、撮影場所を見つけてくるって事だよ。

 

ロケハンをちゃんとやっておくと

実際に撮影する時のイメージを固めやすいし、撮影環境も知る事ができる。

例えば

「この場所は夕方は人の通行量が少ないから撮影しやすい。」

とか

「イメージにすごく近い風景だけど、人通りが多すぎて撮影が困難だ。」

とかさ。

事前に撮影場所の環境を知ってるだけで、だいぶ撮影が楽になるよ。

 

あと

ロケハンする時に、どんなPVを作るのかって事を、しっかりイメージしておくといいよ。

カメラのアングル、カメラの台数なんかも一緒に考えておくと、撮影がスムーズに進むよ。

[ad#ad1]

登場人物の設定を決める

自分達(演奏者)以外に、PVに出演者が登場する場合、しっかり設定を練っておくといい。

ドラマや映画だって、登場人物に細かな設定が決まってるでしょ?それと同じだよ。

 

季節感だったり、年代だったり、その人物の生きてる世界観だったり、どんな気持ちなのかとかさ。

それに合わせて、小物を用意したり、髪型や服装も変えなきゃいけないからね。

 

ちなみに僕のバンドのPVでは

「夢はロックスターだったけど、日常に疲れたサラリーマン」

って設定の登場人物がほしくて

普段はバンドマンをやってる友達に、スーツを着てもらって、髪型もサラリーマンっぽくしてもらった。笑

 

そのPVがこれ!

どう?
かなり雰囲気出てるでしょ?笑

[ad#ad1]

まとめ

今回は

自分でPVを撮影するための3つの手順について話したけど

どうだったかな?

 

簡単に今回の話をまとめると

 

・PVは自分で作る事ができる。

・PV撮影に入るために必要なのは「機材調達」「ロケハン」「登場人物の設定を決める」の3つ。

・PV撮影に必要な機材は「カメラ」「PVを制作をする楽曲の音源」「スピーカー」「三脚」の4つ。

・ロケハンをする時は、カメラのアングルやカメラの台数を決めておくといい。

・登場人物の設定を細かく決めておく。

 

って事だったよね。

 

「自分でPVを撮る」ってすごく難しそうだけど

手順をしっかりと理解していて、ちゃんと準備をしておけば、自分でもできるんだよ。

 

僕は何も知らないではじめたから、最初はすっごく大変だったけどね。笑

でも、それでも自分で作れたんだから、あなたにもきっとできる!

 

 

じゃ

今回はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント