あなたにも弾ける!ギターのオクターブ奏法とは

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 

あなたは

オクターブ奏法

って知ってる?

 

オクターブ奏法っていうのは

基本となる音と同時に、その1オクターブ上の音を弾く奏法の事。

名前のまんまだね。笑

たった2本の弦を弾くだけの奏法だから、初心者にも挑戦しやすいと思う!

 

今日は

ギターのオクターブ奏法について話してみようかな!

[ad#ad1]

オクターブ奏法とは?

よし、オクターブ奏法について解説していこっか!

 

さっきも言ったけど

オクターブ奏法っていうのは

基本となる音と同時に、そのオクターブ上の音を同時に弾くギターの奏法。

でもさ

いきなり「オクターブ上」って言われても、ギターだといまいちイメージが湧きにくいよね。笑

 

分かりやすいようにピアノで説明するね!

「低いドの音」と一緒に「高いドの音」を一緒に弾く。

 

これをギターで説明すると、こんな感じ!

どう?イメージ湧いたかな?

 

そうそう

オクターブ奏法って、ロックでよく使われる奏法なんだけど

もともとは、ジャズギタリストのWes Montgomery(ウエス・モンゴメリー)が広めた奏法なんだって!

[ad#ad1]

オクターブ奏法の弾き方

ここではオクターブ奏法の弾き方を解説するね。

 

押さえ方はこんな感じで

手の形で覚えると楽かも!

隣の弦を1本飛ばして、押さえる感じだね。

 

 

あと、すごく重要なのが

左手の指を浮かせて弦に軽く触れて、鳴らしたくない弦をミュート(音を鳴らさないこと)すること。

オクターブ奏法を使う時って

基本的に、2本の弦以外は鳴らさないのね。

だから、他の弦をミュートする事が大事なんだ。

[ad#ad1]

オクターブ奏法を効果的に使った曲

ここでは

「これぞオクターブ奏法の正しい使い方!」

っていうくらい、オクターブ奏法をカッコ良く効果的に使ってる曲を紹介!

Wes Montgomery(ウェス・モンゴメリー)「Here’s That Rainy Day(ヒーアーズ ザット レイニー デイ)」

Wes Montgomeryは、アメリカのジャズギタリスト。

 

この曲の中で登場するオクターブ奏法(2:45~)は

「オクターブ奏法の最初期の完成系」と言っても過言ではないと思う。

さっきも言った通り、ウェスはオクターブ奏法を広めた人だからね。

「ウェスの影響を受けていないジャズギタリストはいない。」

って言われるくらい偉大なギタリストなんだよ。

 

ウェスはピック(ギターを弾くために使う道具)を使わないで、右手の親指だけでピッキング(ギターの弦を弾くこと)をしてる。

ウェスの甘い(音の輪郭が丸い)ギタートーンは、この独特のピッキング方も大きな要因の1つだと思う。

ピッキングの重要性については、こっちの記事でまとめてるから、興味があったら読んでみて!

弾き方だけでこんなに音が変わる!ギターのピッキングのコツ

Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリクス)「Fire(ファイア)」

Jimi Hendrixは、アメリカのギタリスト。

 

通称、ジミヘン。

死しても尚、語り継がれる伝説のギタリスト。

この「Fire」って曲は、ジミヘンのオクターブ奏法が存分に楽しめる曲。

このイントロ(0:02~)がカッコ良すぎる!

1度聞いたら忘れられないよ。

ジミヘン、大好きです。笑

 

大好きなジミヘンについては、詳しくまとめた記事があるから、ぜひ読んでみてほしい!

伝説のギター弾き!ジミ・ヘンドリクスのすべて

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン カンフー ジェネレーション)「リライト」

ASIAN KUNG-FU GENERATIONは、日本の4人組ロックバンド。

 

通称、アジカン。

「アジカンと言ったらオクターブ奏法!」って言ってもいいくらい、彼らの曲にはオクターブ奏法が多用されてる。

しかも、その全部がかっこいい。真似したくなるくらいにね。笑

その中でもこの「リライト」のイントロ(0:01~)は

オクターブ奏法のカッコ良さが詰まった名フレーズだと思う!

 

アジカンのリライトと言えば、僕はカラオケでよく歌ってるんだけど

昔は高い所がちゃんと歌えなくて、無理やり声を絞り出して、よく喉を痛めてた。

ちゃんとした歌い方を知らなかったから、力任せで歌ってて。笑

今は無理しないで歌える方法を見つけたから、余裕で高い所も歌えるようになった。

高い声の出し方については、こっちの記事で書いてるから、読んでみて!

高い声で歌いたい!高音を出すためのコツ

ONE OK ROCK(ワンオクロック)「完全感覚Dreamer」

ONE OK ROCKは、日本の4人組ロックバンド。

 

通称、ワンオク。

ワンオクと言えば、ボーカルのTakaさんの素晴らしい歌声だけに注目しがちなんだけど

楽器隊の演奏も、すごくカッコ良いんだよね。

この「完全感覚Dreamer」のイントロ(0:22~)のオクターブ奏法は

メロディーが引き立っていて、とても印象的なギターフレーズ。

オクターブ奏法って、こうやってメロディーを奏でるのにすごく向いてる奏法なんだよね。

同じ音がオクターブ違いで重なってるから、音にパワー感があって、印象的に聞こえるんだ。

 

そうそう、余談なんだけど

Takaさんってめっちゃ高い声で歌ってて、憧れない?

僕もTakaさんの声に憧れて、自分はこんな高い声出ないのに、よく無理やり歌ってた。笑

でもこれは、そのキー(曲全体の音の高さ)が、Takaさんに合ったキーだって事なんだよ。

だから、無理して「俺もTakaと同じキーで歌いたい!」って歌うのは違うと思う。

歌う時に無理しちゃダメなんだよ。笑

自分に合ったキーで歌うことの大事さについては、こっちの記事で書いてるよ!

高音が綺麗に出ないと悩む人へ!無理せず自分に合ったキーで歌うべき理由

Mr.Children「光の射す方へ」

Mr.Childrenは、日本の4人組バンド。

 

通称、ミスチル。

日本を代表するバンド、Mr.Childrenの曲でも、オクターブ奏法は使われてる。

どう?このイントロ(0:13~)。

めちゃめちゃカッコ良くない?

 

ミスチルと言えば

前に、札幌でライブを観に行ったことがあるんだけど

あまりのカッコ良さに圧倒された。

 

正直に言うと、ライブを観に行くまでは

ミスチルって「ボーカルの桜井さん+他の3人」ってイメージだったんだけど

全然違った。

すごくカッコ良い4人組バンドだった。

それから、ミスチルがより好きになったんだ。

メンバー全員、学生時代からの付き合いっていうのもいいなーって思う。

mizu plus(ミズプラス)「27歳」

mizu plusは、日本の2人組バンド。

 

この曲のイントロ(0:23~)は

オクターブ奏法と、スライド奏法(弦の上を左手の指を滑らせて、音階を駆け上がったり、駆け下りる奏法。)を組み合わせたギターフレーズが印象的。

オクターブ奏法と、スライド奏法ってすごく相性が良いんだよ。

この2つを組みあせることで、音にパワー感と疾走感がプラスされるんだよね。

 

とかなんとか書いたけど

これ、僕のバンドです。

そして、このイントロのギターを弾いてるのも僕です。笑

スライド奏法については、こっちの記事で紹介してるよ!

指を滑らせる!ギターのスライド、グリッサンド奏法について

[ad#ad1]

まとめ

今回は

オクターブ奏法についての話だったけど、どうだったかな?

 

簡単に話をまとめると

 

・「オクターブ奏法」とは、基本となる音と同時に、そのオクターブ上の音を同時に弾くギターの奏法のこと。

・オクターブ奏法を使用する時は、左手の指を浮かせて弦に軽く触れて、鳴らしたくない弦をミュートする。

・オクターブ奏法を効果的に使用した曲は「Here’s That Rainy Day」「Fire」「リライト」「完全感覚Dreamer」「光の射す方へ」「27歳」の6曲。

 

って事だったよね。

 

最初にも書いたけど

オクターブ奏法って、たった2本の弦しか弾かないんだよ。

6本中の2本だよ?そう考えると楽勝だよね。笑

でも

さっき紹介したみたいに、オクターブ奏法を使ったカッコ良いフレーズもたくさんあるからさ。

ぜひチャレンジしてみてほしい!

 

 

それじゃ今回はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント