ロックギターに必須!ブリッジミュートのやり方を紹介

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 
「ブリッジミュート」って分かる?

ブリッジミュートってのは

主にロックで使われるギターの奏法。

手のひらの内側を使って、ギターの音をミュート(弾いても音が出ない状態)して弾く奏法だよ。

 

よくロック系の音楽で聞こえる「ズンッ!ズンッ!」っていうギターの音があるよね?

これがブリッジミュートの音ね。

リズムを強調したり、迫力のある音を出す時にかかせない奏法なんだ。

 

今日は

ブリッジミュートのやり方、ポイントついて、話していこうかな!

[ad#ad1]

ブリッジミュートとは

さっきも言ったけど、ブリッジミュートはロック系の音楽でよく使われる奏法。

ブリッジミュートをした時の音の特徴は、太くて重い音。

 

「ズンッ!」っていうブリッジミュートの音は、打楽器に近いニュアンスもある。

だから、リズムを表現するのにも向いてる奏法だと思う!

僕もブリッジミュート、大好きなんだよね。自分の曲でも本当によく使う。笑

 

TAB譜(ギター用の楽譜)では、ブリッジミュートで演奏する音符の上に「M」って表記されるよ。

[ad#ad1]

ブリッジミュートのやり方

ブリッジミュートのやり方について解説していこう!

 

「ブリッジミュート」っていうくらいだから、ギターの「ブリッジ」が大事なポイントなんだけど

「え?ブリッジってどこ?」

ってなった人は、この記事を先に読んでみてね!

超分かりやすい!ギターの各部名称、パーツを解説

 

はい!という事で

やってきましょう!ブリッジミュート!

 

まず、こんな感じで右手をブリッジの上に置く。

bridgemute1

手のひらの内側を使って、弦をミュートするんだけど

手のひらのこの辺りをブリッジ付近の弦に当てて、ピッキング(弦を弾く事)をする。

 

そうすると、ギターの音がミュートされて、あの「ズンッ!」って音がする。

[ad#ad1]

ブリッジミュートをする時のポイント

ブリッジミュートをする時、いくつか大事なポイントがある。

ここでは、それを紹介していこうかな!

手を置く位置

ブリッジミュートする時の大事なポイントは

ブリッジのどの位置に手を置くか。

これがすごく重要。

手を置く位置によって音の重さも変わるし

どのくらい音をミュートするのかも調整できるよ。

 

例えばさ

bridgemute2

この位置に置くのと

bridgemute3

この位置に置くのでは

まったく音も違うし、ミュートのかかり具合も変わるんだよ!

 

これは口で説明しただけじゃ分かりづらいから、実際にやってみて、体感してみてほしい!

ピッキングの強さ

ブリッジミュートをする時

どのくらいの強さでピッキングをするのか。

これもすごく大事。

重い音を出したいからって、あんまり力んでピッキングすると、手首が疲れちゃうからね。

ブリッジミュートをして音を出しながら、自分が疲れなくて、音にも納得できるくらいの力加減を探してみてね。

ピッキングの角度

ピッキングの角度で、ギターの音ってすごく変わる。

これはブリッジミュートの時も同じなんだよね。

ピッキングの角度がすごく大事。

じゃあ、どんな角度でピッキングすればいいのかって話ね。

 

ブリッジミュートする時

こんな感じで、弦に対してピックを寝かせ気味にした方が、抵抗が少なくて弾きやすい。

bridgepick1

でも、ピックをあんまり寝かせすぎると、音が薄っぺらくなっちゃうんだよね。

 

じゃ、どうしたらいいかって言うと

 

こんな感じで、弦に対してピックを平行気味にすると、ギターの音が太くなる。

その代わり、抵抗も大きくなるからね。

bridgepick2

これもさっきのピッキングの強さの話と同じで

弾きやすさと音を聞きながら、自分好みに調整していくといいよ!

3本の指でピックを持つ

これはちょっと裏技的なやつ。笑

昔、どうしてもブリッジミュートで太い音が出なくて悩んでた事があってさ。

その時、色々と自分で試行錯誤したんだよね。

 

そこで行き着いたのが

3本の指でピックを持つ

って方法だった。

bridge3pick

こんな感じで、親指、人差し指、中指でピックを持つ。

このピックの持ち方でブリッジミュートして弾くと、すごく力強い音がするんだ。

これ、実際にやってみたらびっくりしてもらえると思うんだよなぁ。笑

ぜひやってみてね!

[ad#ad1]

ブリッジミュートを使った演奏

よし、ここでは実際にブリッジミュートを使った演奏を見ていこうか!

「これぞカッコ良いブリッジミュート!」

って演奏を、僕の独断と偏見でセレクトしたからね!笑

X JAPAN「紅」

まずは伝説的バンド。X JAPANの曲から!

(2:00~)

「ブリッジミュートっていうのはこういう事だ!」
っていう説得力がある演奏。

そしてなにより、めちゃめちゃカッコ良いでしょ??

こんな高速ブリッジミュート、僕はまったくできません。笑

SIAM SHADE「1/3の純情な感情」

僕の世代(1985年生まれ)でブリッジミュートって言ったら、もうこれしかない!笑

(0:30~)

このイントロのフレーズ
ブリッジミュートがあるから成立してるフレーズって言うか、もうとにかくカッコ良すぎてやばい。

大好きだった「るろうに剣心」ってアニメのED曲だったなぁ。

あ、カラオケに行った時によく歌うよ。笑

Mr.Children「REM」

日本の国民的バンド、ミスチルの曲にもブリッジミュートは使われてる。

(0:12~)

この曲なんか、ブリッジミュートで弾くギターが打楽器的な要素があるってのがすごく分かりやすい思う!
ギターだけでも、すごくリズムが出てるでしょ?

 

しかしまぁ

桜井さんは色んなタイプの曲を書いてて、本当にすごいなぁと思う。(ブリッジミュート関係ない。笑)

[ad#ad1]

まとめ

今回はブリッジミュートについての話だったね。

簡単にまとめると

 

・ブリッジミュートの音は、打楽器に近いニュアンスもある。

・ブリッジのどの位置に手を置くか、ピッキングの強さ、ピッキングの角度が大事。

・親指、人差し指、中指の3本の指でピックを持って、ブリッジミュートをすると太い音が出せる。

 

って事だったよね。

 

どうだったー?

少しはコツを掴んでもらえたかな?

 

この記事を読んでくれたあなたが、ブリッジミュートにハマってくれたら嬉しいなぁ。

それくらいに好きだからね。ブリッジミュート。笑

 

チャレンジしてみて!

 

 

よし

今回はこのへんで終わりにしよ!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

 

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント