【初心者向け】曲作りの基本、コツを徹底解説!

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

「曲作りをしてみたいけど、どうやって作ればいいのか分からない…!」

と悩んでる人って、すごく多いと思う。

実際、昔の僕もそうでした。

「そもそも、自分に作詞作曲なんてできるのかな…。」

って思ってた。笑

 

だけど、曲作りの基本的な知識や、コツが分かってからは

何十曲も曲を作ってきました!

 

今日は、初心者の人にも分かりやすいように

基本的な曲作りのやり方、コツについて、徹底解説していきます!

曲作りには、「詞先」と「曲先」の2つの作り方がある

まず、基本的な知識として知っておいてほしいのは

曲作りには、大きく分けて2つの作り方があるという事。

歌詞を先に書いて、それにメロディーを付けていく、「詞先」という作り方と

メロディーを先に作って、そこに歌詞を乗せる、「曲先」という作り方がある。

どっちを選ぶかは、人によって違うし、曲によっても変わるよ!

 

僕としては、曲作り初心者の人は、「詞先」で作るのをおすすめします!

それはなぜか?

ほとんどの人が、今までの人生で、曲を作った事ってないでしょ?

経験した事ない事って、ハードル高いよね。

だけど、文章なら書いてきたと思うんだ。

もちろん、文章を書くのと、作詞をするのは違う事。

でも、共通しているのは、「文字を使って表現する」という事なんだよ。

だから、最初は「詞先」で曲を作るのがおすすめなんだ!

 

という事で、まずは詞先での曲作りについて、解説していくね!

詞先での作り方

詞先で曲を作る時、どんな風に作っていけばいいのか

順番に解説していくね!

テーマを決める

詞先で曲を作る場合、まずはテーマを決めよう!

「どんな事を表現したいのか?」

「どういう事を伝えたいのか?」

これを決めておかないと、何を言いたい曲なのか分からなくなっちゃうからね。

 

そして、テーマを決めたら、必ずそれを深堀りする事。

例えば「恋愛」というテーマを決めたとする。

でも、恋愛って色んな形があるじゃない?

 

・両想い

・片想い

・失恋

・別れた恋人への未練

・三角関係

 

とかさ。

こうやって、最初に決めたテーマをもっと細かい所まで詰めるのが

テーマの深堀りをするという事なんだ!

 

テーマの深堀りをする事で、より歌詞の世界観を明確に伝えやすくなるよ!

作詞で大事なのは、テーマよりも視点と切り取り方

「そもそも何をテーマにすればいいか分からない…。」

と思う人もいると思う。

大丈夫、テーマはなんでもいいんだよ。

例えば、目の前に転がってる腕時計とかでもいい。笑

 

作詞っていうのは、何をテーマにするかよりも

歌詞の視点と、切り取り方の方が遥かに大事なんだ。

 

どういう事なのか、説明していくね!

歌詞の視点とは?

歌詞の視点というのは

「この歌詞は、誰の視点で書かれているものなのか?」

という事。

 

さっき例に挙げた「恋愛」っていうテーマでも

・「僕」から見た視点

・「君」から見た視点

・「僕」と「君」を俯瞰して見た視点

みたいに、色んな視点があって、それぞれ見え方が違う。

誰の視点で描かれた物語なのかによって、全然違う歌詞になるんだ。

歌詞の切り取り方とは?

歌詞の切り取り方についても、解説していこう!

 

例えば、「雨上がりの街」をテーマに、歌詞を書くとしよう。

そこで、主人公の目の前にある水たまりが、歌詞の中に登場するとする。

 

“2人 水たまり 飛び越えた

弾けた水滴 輝いて見えた”

 

っていう書き方もできるし

 

“水たまりに映るのは どんな世界だろう

もう1人の僕が存在したらいいなぁ”

 

っていう歌詞も書けるよね。

 

同じ「水たまり」でも

切り取り方を変えるだけで、こんなに違う歌詞が書けるんだ!

テーマに関連したワードを集めてくる

テーマが決まったら、次はそれに関連するワードを集めてこよう!

例えば、「青春」がテーマだとしたら

 

・親友との思い出

・戻れない過去

・朝方まで飲み明かした夏の夜

・君が履いてたボロボロのコンバース

・青春だったあの頃から、何も成長していない自分

・あの頃描いた理想とは違う現実

 

こういう感じで、いくつもワードが集まるよね!

これらを組み合わせて、歌詞を書いていくんだ。

まずは思いつく限り、書き出してみよう!

メロディーが乗る事を前提として、歌詞を書く

歌詞っていうのは、メロディーが乗る事が大前提。

どんなに良い歌詞が書けたとしても、メロディーが乗せられなかったら意味がないんだ。

だから、歌詞を書く時は

「この歌詞は、どんな曲調の曲に乗るかな?」

「テンポはどれくらいかな?」

という事を意識しよう!

 

あらかじめ、曲調を意識して歌詞を書く事で、あとでメロディーを乗せやすくなるよ!

歌詞を眺めながら、鼻歌でメロディーを付けていく

ここまで出来たら、いよいよ歌詞にメロディーを乗せます!

書きあがった歌詞を眺めながら、鼻歌でメロディーを付けていこう。

 

「失恋をテーマにした歌詞だから

切ない感じのメロディーがいいかな…!」

とか、そういう事を考えながら

何度も何度も、歌詞を読み返してみて!

もともと、曲調を意識して作詞をしているから

段々とメロディーが浮かんでくるよ!

 

「どれだけやっても、まったく浮かばない!」

という人は、次に解説する曲先での曲作りに挑戦してみてね!

曲先での作り方

次は、曲先での作り方について、解説していきます!

各パートの役割を理解して、作曲する

曲には、「Aメロ」「Bメロ」「サビ」というパートがある。

まずは、それぞれのパートの役割を、ちゃんと理解する事が大事だよ!

それが分かっていると、メリハリのある曲が作れるようになります!

一つずつ、見ていこう!

Aメロ

Aメロは、曲の入り口となるパート。

ここでいかに「この曲、どんな曲なんだろう?」って思わせられるかが勝負。

音程の起伏の少ない、聞きやすいシンプルなメロディーにした方がいいよ。

Bメロ

Bメロは、Aメロとサビを繋ぐパート。

サビに向けて、曲を盛り上げる加速台的な役割があるよ!

Aメロよりも、使う音域を高くして

サビを予感させるようなメロディーを意識してみて!

サビ

サビは、曲の顔となる重要なパート。

曲の中で、一番派手で、印象的なメロディーにしよう!

曲全体の中で、一番高い音を使うのも、サビがいいよ!

コード進行から作る

「いきなりメロディーなんて浮かばないよ…。」

そう思う人もいると思うんだ。

僕も最初は全然メロディー浮かばなかったから

よく分かります、その気持ち。笑

 

なかなかメロディーが浮かばない人は

まずは、曲の土台となるコード進行から作るといいよ!

コードっていうのは、和音の事ね。

なかなかメロディーが浮かばない人は

まずは、曲の土台となるコード進行から作るといいよ!

コードっていうのは、和音の事ね。

つまり、曲の伴奏から作るって事!

 

先に伴奏ができていれば、曲の雰囲気も掴めるし

メロディーも浮かびやすくなるよ!

例えば

「切ない感じのコード進行がいいな…!」

みたいな感じだね。

 

「コード進行がどうしても思い浮かばない!」

っていう人は

自分が作りたい曲調と似た、既存の曲のコード進行を借りてこよう。

 

ある程度、有名な曲ならば

「○○(曲名) コード」

で検索すると、その曲のコード進行が出てくるよ!

 

「それって、パクりにならない…?」

って思うかもしれない。

だけど、コード進行って、ある程度「決まったパターン」

というのが存在しているんだ。

だから、同じコード進行の曲って、実は世の中にたくさんあるんだ。

 

でも、他の曲と同じコード進行だったとしても

そこにどんなメロディーを付けるかは、作り手の感性がすべて。

きっと、あなたにしか浮かばないメロディーがあるはずだよ!

思いついたメロディーは、必ず録音する

メロディーが思いついたら、どんなに短くてもいいから、必ず録音しよう。

「覚えてるから大丈夫…!」

と思っても、意外と忘れてしまうものだし

その時にしか浮かばないメロディーもある。

だから、絶対にすぐ録音してください!

 

録音をしておけば、あとで何度も聞き返す事ができるし

客観的に聞けるから、メロディーの修正点も見つけやすいよ!

 

僕も、メロディーが浮かんだらすぐに

スマホのボイスメモアプリで、録音するようにしています。

母音を意識して、メロディーに歌詞を乗せる

メロディーが完成したら、歌詞を乗せてみよう!

この時、すごく重要なのが

母音を意識して、メロデイーに歌詞を乗せるという事。

※母音=声が口から出るまでの間に、声が通る通路が舌や唇などで妨げられない時の音。ローマ字で表記するとa、i、u、e、oの5つ。

 

1つの音符に対して、母音1つ、って考えると乗せやすいよ!

例えば「ちゃ」だと「cha」だから母音は1つ。

つまり、1つの音符に乗せられる。

 

じゃ「だって」だと、どうだろう?

「datte」だから、2つの音符?

正解は、3つの音符なんだよね。

小さい「っ」は促音(そくおん)って言って

1音として捉えるから、3つの音符に乗せる事になる!

言葉を伸ばす「ー」と「ん」も1音として捉えます。

 

こうやって母音と促音を意識すると、メロディーに歌詞を乗せやすくなるよ!

まとめ

今回は

曲作りの基本、コツについてのお話だったけど

どうだったかなー?

 

今回の話を簡単にまとめると

 

・曲作りには、「詞先」と「曲先」の2つの作り方がある

・初心者は、詞先がおすすめ

・まずは、テーマを決める

・テーマに沿った、ワードを集めてくる

・作詞で大事なのは、テーマよりも、視点や切り取り方

・メロディーが乗る事を前提として、歌詞を書く

・歌詞を眺めながら、鼻歌でメロディーを付けていく

・各パートの役割を理解して、作曲する

・コード進行から作ると、メロディーが浮かびやすい

・思いついたメロディーは、必ず録音する事

・母音を意識して、メロデイーに歌詞を乗せる

 

って事だったよね。

 

今回の記事を読んで、曲作りの基本的な知識、コツは分かってもらえたと思う。

それでも

 

「もっと作詞作曲について知りたい!」

 

と思う人もいると思うんだ!

 

そんなあなたのために

全13話、70分の限定動画講義をプレゼントしてるよ。

僕が、10年以上、シンガーソングライターとして活動してきて

お金も時間も使って学んできた事を、詰め込んだよ。

 

【あなたも今日からシンガーソングライター】

 

この動画レッスンを見て、実践してもらえれば

あなたも必ず、曲が作れるようになる!

 

あ、もちろん完全無料だからね!安心して受け取ってね。笑

 

という事で

今日はこの辺で!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

飯田 正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント