オリジナル曲の作り方!自分だけの曲を作ろう!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

あなたは

「自分だけのオリジナル曲を作りたい!」

と思った事はある?

 

僕は、音楽を本格的に始めるまで

「自分だけのオリジナルの曲を作ってる人ってすごいなー。

どうやって作ってるんだろう?」

って思ってた。

だって、自分は作った事もないし

作れるとも思ってなかったから。笑

 

そんな僕も

今や、数十曲のオリジナル曲がある。

作り方を知っていれば、意外と誰でもできるもんなんだよ。笑

 

という事で、今日は

オリジナル曲の作り方について、お話していこうと思うよ!

オリジナル曲を作ろう

さぁ!

早速、あなただけのオリジナル曲を作ろう!

 

「いやいや、いきなりそんな事言われても…。」

って思うかな?

そりゃそうか。笑

 

オリジナル曲を作るって、難しそうだもんね。

でも、作り方の手順を知っていれば、誰でも作れるものなんだよ

 

ここからいくつかに分けて、オリジナル曲の作り方の手順を書いていくね!

どんな曲が作りたいのかイメージを持つ

オリジナル曲を作る時、1番最初にする事は

“自分はどんな曲が作りたいか”っていうイメージを持つ事なんだ。

これがないと、作りようがないんだよね。

 

だってさ。

これから建物を建てようって言ってるのに

どういう建物にしたいか考えてなかったら、建てられないでしょ?

それとまったく同じ事だからね。

 

例えば

「みんなが手拍子しながら、一緒に歌ってくれるような曲」

「聞いてる人が感動して泣いてしまうような、壮大なバラード」

とかさ。

そういう具体的なイメージが絶対必要。

これがないと、どういう曲が作りたいのか分からなくなっちゃうからね。

だから、まずはどんな曲が作りたいか、イメージしてみてね。

コード進行を決める

イメージができたから、曲を作っていこう!

 

…って言っても

作曲の経験がなかったら、何から始めればいいか分からないよね。

そういう人が多いと思う。

実際、僕もそうでした。笑

 

あなたが、今まで曲を作った事がないんだったら

最初はまず、コード進行から決めていくのがおすすめ。

曲の伴奏となるコード(和音)進行から決める事で

メロディーも浮かべやすくなるよ。

 

「でも、どんなコード進行を使えばいいのか分からないし…。」

って思うよね。

大丈夫、良いお手本があります。

それは、あなたが好きなアーティストの曲だよ。

自分が好きな曲のコード進行を、一旦そのまま借りてこよう。

 

「え、そんな事して大丈夫なの…?それって盗作じゃ…?」

って思うかもしれないけど、大丈夫。

コード進行っていうのは、ある程度のパターンが決まっていて

同じコード進行の曲って、世の中にたくさんあるものなんだ。

だから、同じコード進行を使っても、何も気にする事ないんだよ。

あなたが好きな曲のコード進行を使わせてもらおう。

 

曲のコード進行は、Yahoo!やGoogleで

「〇〇(好きな曲) コード進行」

で検索すれば、すぐに出てくるよ。

 

使うコードが決まったら、ギターやピアノで、実際に音を鳴らしてみよう。

楽器を持ってない人は、スマホのアプリを使ってみてね。

作詞をしてみよう

コード進行が決まったから、それを繰り返し聞きながら、作詞をしてみよう。

 

「え?なんで作詞から?」

って思ったかな?

いきなりメロディーから作るのは、ちょっとハードルが高いよね。

でも、自分が伝えたい想い、表現したい事を、言葉にして並べるならできそうでしょ?

 

「だけど、作詞もやった事ないし…。」

って思うかもしれないけど、僕たちは普段から言葉を使った表現に慣れているんだよ。

誰かと話したり、メールやLINEをしたり、手紙を書いたり。

こういう事も、作詞と同じ『言葉を使った表現』なんだ。

だから、いきなりメロディーから作るより、全然ハードルが低いんだ。

 

歌詞の書き方については

こっちの記事で、詳しく書いてるよ!

作詞初心者でも必ず書けるようになる!歌詞の書き方のコツとテクニック

 

先に歌詞を書き上げて、そこにメロディーを乗せていこう。

こういう風に、歌詞から先に作っていく曲作りの方法を『詞先』って呼ぶんだ。

詞先での曲作りの方法は、こっちの記事で詳しく書いているよ。

詞先での曲の作り方!コツを伝授します!

歌詞からメロディーを浮かべる

歌詞が書けたら、そこにメロディーを乗せていこう。

 

「そんな事言われても、いきなり作れないよ…。」

って人もいるよね。

分かる分かる、最初は難しいよね。

僕もそうでした。

 

まずは、メロディーを作る事に慣れる事から始めよう。

コードの伴奏を聞きながら、歌詞に鼻歌感覚で、少しずつメロディーを乗せていこう。

最初は難しい事は考えないで、なんとなくでいいんです。

 

「そんな適当な作り方で大丈夫なの…?」

って思うかもしれないけど、大丈夫です。笑

人間の音感って優れていて、伴奏から外れた音でメロディーを作ったら

「あ、ズレてるな。」

って、すぐに分かるものなんだよ。

だから、まずはとにかく気軽な気持ちでチャレンジしてみてね。

 

初心者でも曲を作るコツについては

こっちの記事で詳しく書いてるから、見てみてね!

初めての作曲!初心者でも曲を作るコツ

有名な曲と比べない

せっかく作った自分のオリジナル曲を、有名な曲と比べて

「自分の曲って、なんかダサいな…。

やっぱりこんなんじゃダメだ…。」

って思っちゃう人がいる。

 

って言うか…

昔の僕ですけど。笑

 

そりゃね。

何年も曲を作ってるプロが作る曲と

作曲を初めてやる人が作る曲じゃ、完成度は違うよ。

それは当たり前の事だよね。

プロは何年も、努力を積み重ねてきてるんだから。

 

たださ。

素人が作ったオリジナル曲にだって、それにしかない良さがあるんだよ。

 

例えるなら、そうだなぁ。

高級レストランと、お母さんの手料理の違いって言うか。

手作り感が良かったりするじゃない?笑

素朴な感じって言うかさ。

 

理論や、理屈をしらないからこそ

作れる曲だって絶対にあるから。

今のあなたにしか作れない曲が、必ずあるよ。

 

だから

自分が作ってる曲に自信を持って

どんどん曲作りを進めていってね!

まとめ

今回は

オリジナル曲の作り方についてのお話だったけど、どうだった?

 

今回の話を簡単にまとめると

 

・オリジナル曲を作るのは難しくない

・「どういう曲を作りたいか」というイメージを持つ

・コードの伴奏から決める

・作詞からはじめてみる

・歌詞を眺めながら、メロディーを浮かべてみる

・有名な曲と比べて落ち込まない

・あなたにしか作れない曲が必ずある

 

って事だったよね。

 

オリジナル曲を作るって

とっても楽しいし、素敵な事だと僕は思います。

世界に1つだけの曲を作るんだもん。

すごい事だよね。これって。

 

 

この記事を読んでいて

「もっと詳しく曲作りについて知りたい!」

って思う人もいると思うんだ。

 

そう思ってる人に向けて、無料で作詞作曲の動画レッスンをプレゼントしています!

ぜひ、こちらから登録してみてね!

 

【あなたも今日からシンガーソングライター】

この動画レッスンを見てもらえれば

音楽理論が分からなくても、ギターを始めたばかりでも

必ず作詞作曲ができるようになるよ!

 

それじゃ

今日はこの辺で!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

飯田 正樹

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント