曲ができない・・・!作曲に行き詰った時の対処法

こんにちは!

シンガーソングライターの飯田正樹です。

Twitter @mizu_mizuchan

 

「今まで普通に曲を書けてたのに、急に曲が作れなくなった。」

音楽活動をしてて、そうやって行き詰る事ないかな?

 

僕はありました。

って言うか、今でもめちゃくちゃある。笑

 

 

でもね

そうやって曲が作れない時の

とっておきの対処法があるんだよ。

 

 

どう?こう言うと、なんかすごそうでしょ?笑

でも、これは誰にでもできる対処法なんだ!

もちろん、この記事を読んでくれている、あなたにもね。

 

よし!
それじゃ、今日は曲が作れない時の対処法について話していこうと思います!

[ad#ad1]

曲を書くのをやめる

どうしても曲を作れない時の対処法ね。

 

それは

作れない時は、曲を作るのを1回やめるって事。

 

 

「え?え?やめるの?」

って思ったでしょ。笑

 

まぁまぁ、最後まで聞いてくださいよ。

 

これね

スタジオジブリの名作「魔女の宅急便」って映画の中の、ある台詞の影響なんだけどさ。

 

 

あ、一応確認だけど、魔女の宅急便、知ってる?知ってるよね?

※知らない人の為に補足すると、キキっていう魔女見習いの少女を主人公にした物語。

 

キキは、魔法の力で猫と話をしたり、ホウキで空を飛んだりするんだけど

ある時、魔法の力が使えなくなっちゃう。どうがんばっても使えない。

 

そんな時、絵描きをやってるウルスラっていう友達に相談するシーンがあって。

キキは、絵描きの彼女と自分を重ねて「絵が描けない時はどうするの?」って質問するんだ。

ウルスラは「ジタバタするしかない。描いて描いて、描きまくる。」って言うんだよね。

キキは飛べない自分を例にして「それでも飛べなかったら?(描けなかったら?)」って問うんだけど

それに対してウルスラは

「描くのをやめる。散歩したり、景色を見たり、昼寝したり、何もしない。その内に急に描きたくなるんだよ。」

って答えるんだよね。

 

 

そう。

これ、作曲もまったく一緒だと思うんだよ。

悩んで悩んで、それでも曲が作れない時は、曲を書くのをやめる。

 

 

僕も曲が作れなくて行き詰った時は、映画を観に行ったり、自転車で走ったり、友達と話をしたり。

作曲と関係ない事をするようにしてる。

そうすると、不思議と曲が作れるようになる。

これ、嘘みたいだけど、すごく効果があるんだよ!試してみてね。

[ad#ad1]

自分以外の人に作詞をしてもらう

作曲をする人は、作詞も自分でする人が多いと思うんだけどさ。

作曲で行き詰ってる時って、作詞でも行き詰ってるってパターンが多いんだよ。

 

多いんだよ。って断言してるのは、僕がそういうパターンに陥ってる事がとっても多いから。笑

 

でね。

こういう時は思い切って

自分以外の人に作詞してもらう

っていう方法がある。

これ、結構おすすめの方法なんだ。

 

 

僕も、作詞なんてやった事もない、友達の女の子に作詞をしてもらって、曲を書いた事がある。

その曲がこの「楓(かえで)」って曲。

 

“「愛している。」君が言う 「あなたがいい。」君が言う その言葉もどこまで信じればいい?”

こんな歌詞、自分じゃ絶対に出てこなかったんだよね。

 

って事は、それに付随するメロディーも出てこなかったって事なんだよ。

曲と歌詞はセットだからね。

 

こうやって人に歌詞を書いてもらって、自分がそれに曲を付けるっていうのは

自分の感性と、自分以外の感性が合わさるって事。

 

曲が書けなくなった時は、こうやって自分以外の誰かの力を借りるって事も、有効な対処法だと思うな。

[ad#ad1]

まとめ

曲が作れなくなっちゃった時の対処法は

 

・1回曲を書くのをやめる。

・どこかに出かけたり、誰かと話をしたり、作曲とは違う事をしてみる。

・自分以外の人に作詞をしてもらう。

 

って事だったよね。

 

締め切りがあったり、どうしても書かなきゃならない場合もあるけど

行き詰っちゃった時は、1回頭の中をリセットしてみるっていうのが大事なんだと思うんだよね。

 

 

それじゃ、今日はこのへんで!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

飯田正樹

 

全13話の動画レッスンをプレゼント

関連ページ

全13話の動画レッスンをプレゼント